2016.07.12 春別岳1491mパンケヌーシ川北東面直登沢~東面沢下降

昨年、メンバーの体調不良で行けなかった山行のリベンジだ、メンバーは3人。国道からパンケヌーシ林道に入り、9.3キロ先にある二ノ沢の北電ゲート前でC0。

DSC01003
早く登って早く帰ろうと5時前に出発。

DSC01004
パンケヌーシ林道を少し戻り入渓。何かしょぼそうな沢だが。

DSC01007
少し歩くとF1が出てくるが、これは左から高巻く。

DSC01009
小滝は簡単だが、この沢は非常に滑るので気が抜けない。

DSC01010
簾状の滝は左側のチムニー状を登る。

DSC01014
トップが行き、上からロープを投げて登ってもらう。滑るのと手がかり足がかりが悪い。

DSC01015
すぐ4段になっている滝が出てくるが、1段目は登れないので左岸を高巻き、そのまま上の滝も一緒に高巻く。

DSC01016
DSC01019
DSC01020
DSC01021
小滝&滑滝が連続して出てきて面白い、だが滑る。

DSC01024
1060mの二股を過ぎると、すぐ1100mの二股が出てくる。水流は左股にあり、右側は涸れ滝になっている。ガイド本は左股を取り、メンバー二人も左股を主張するが、リーダーは右股を主張し右股に入る。右股に入ったので敢えて直登沢と。

DSC01025
DSC01026
源頭ぽくなってきたが、

DSC01027
まだまだ沢形は続いている。

DSC01028
やがて3段の涸れ滝。1段目2段目は直登、3段目は左側を高巻き滝上に出る。

DSC01030
雪渓が出てきた。今回はバイルを持ってきたが雪渓&草付きにも威力を発揮した。

DSC01031
雪渓は80mくらいもあったろうか、この時季の雪渓の処理は要注意。

DSC01033
沢形はまだ続き、やがて急な草付きの斜面になる。

DSC01034
左の尾根に逃げると1400mの標高だった。20分ほど尾根を登ると頂上だった。
右が正解だったかは?だが楽しめました。

DSC01045
倒れた三角点の石柱がある頂上で。

DSC01036
頂上からの景色は360度すこぶる良い。奥は日高幌尻だろうか。

DSC01048
頂上からすぐ下に見える鋭い岩稜帯が気になる。登ったら楽しいのだろうか・・。

DSC01058
下山途中、いつもの山菜取りに精を出すH子さん。

DSC01059
珍しい花なので撮っていてくれと、自分には花はいつも?です。

DSC01061
登っているのではありません、下降しています。

DSC01062
古い残置のシュリンゲがありましたが、新しいのを付けたし懸垂です。15m懸垂で下りられます。

DSC01065
二ノ沢林道に出て下り、北電のゲートに到着です。天気も良く楽しかったです。

4:48北電のゲート発~4:51入渓~5:15 F1~7:15 1100m二股~8:55 1400m尾根に上がる~9:15頂上9:50~11:55 二ノ沢林道~12:10北電ゲート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>