2016.03.19~20 石北峠~三国峠 縦走

Kさん企画の山行に山中泊と縦走が大好きなメンバーが5人集まった。スキーにするかワカンにするか迷った末で現地判断としたが、石北峠から見上げた先には濃い雑木林が。即、ワカンに決定、ワカン4人とスノーシューが1人で行くことになった。
DSC00548
三国峠に車を1台デポ。石北峠は風が吹き抜けて寒い。

DSC00549
すぐ向こうには武華岳が見えるのだが、枝が邪魔して見えずらい。

DSC00550
このくらいの密度ならスキーが使えるのだが。

DSC00551
歩き始めて2時間、M嬢のワカンが切れ応急処置をしたが、最後まで持ったくれて良かった。

DSC00555
標高は低いが、アップダウンが多い。

DSC00556
これではスキーは大変だ。

DSC00557
雪が造った面白い造形。

DSC00559
1216mのピークだったかなぁ、リーダーです。

DSC00561

DSC00562
遠くに薄く北見富士が見えました。

DSC00567
樹林が邪魔をして読図は難しいです、2度ほど下降の尾根を間違えました。
途中からポツリと雨が、それが雪に変わってくれましたが、ちょっと濡れました。

DSC00570
1245mピーク手前のコルをテン場としました。2泊3日の予定でしたが、予定より早い歩みでした。5人ですが少しくらい重くても快適さを求めてジャンボテントを持参しました。
朝の出発風景です、天気が良くなりそうです。

DSC00576
作業道らしきところを行きます。

DSC00578
核心と思われる岩峰が見えてきました。コルに下ります。

DSC00587
幾つかの岩峰は右側を巻きます。岩峰を巻くのに30分かかりました。

DSC00593
稜線上は雪庇が発達してきました。

DSC00595
岩峰と奥に1245mピーク。

DSC00603
前に大分水嶺、左側に三国山です。
昨日と山の様相が全く違います。

DSC00607
ユニ石狩岳が見えてきました。

DSC00609
大分水嶺からの三国山です。

DSC00610
日本海、オホーツク海、太平洋に流れ出る大分水嶺です。

DSC00611
大分水嶺から三国山はすぐです。

DSC00617
風は少しあるものの天気は良し、ん~ん、最高。

DSC00621
向こうから縦走してきました。

DSC00628
左が大分水嶺、右が三国山。

DSC00630
三国トンネルの上の1460mピークを目指します。

DSC00636
右がユニ石狩岳、左にニペソツ、ウペペサンケ山。ニペソツのY嬢パーティに呼びかけたのですが、届いたかなぁ・・。ユニ石狩を登って降りれそうです。ユニ石狩岳を登るには三国峠からだと近いですね。

DSC00641
三国トンネルの出口に下りてきました。2泊3日の予定でしたが一日半の行程でした。
スキーよりもワカン、ワカンよりもスノーシューが威力を発揮しました。アイゼン&ピッケルは持参しましたが、使いませんでした。いやぁ、良い山行でした。
19日 6:30石北峠~13:50 1245m手前のコル
20日 6:30テン場発~10:05大分水嶺~10:20三国山~12:20三国峠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>