よっしー5454 の紹介

ブログやサイトを見てね!炭焼志塾宇芽恵(うめえ)塾をよろしく! http://kontakojikoji.blogspot.jp/

2018/2/24N~25 有明山(北大雪)山スキー

去る2/25、遠軽町と上川町の境にある、有明山へ行ってきました。

登りも割りとなだらかで登りやすく、滑りの雪質はなかなか良かったですが、

稜線に出てからの寒さと強風は、

恐らく我が冬山の中で一番だったと思います。

【メンバー】L なおみん、SL よっしー、うっちー、元じい、モエ、三ちゃん。

【コースタイム】
【2/24】
17:00 自宅出発
19:30 旭川健康ランド着

【2/25】
04:45 旭川健康ランド出発
07:40 登山口出発
11:30 有明山頂上手前 1,555m 付近着
13:40 下山

ROOT

 

Screenshot_2018-02-27-22-57-56

 

登山口:https://goo.gl/maps/9njEFpBKAv82

 

RIMG4335

↑ 初めて旭川健康ランドに泊まりました。雑魚寝ですが、2,000円位で泊まれます

RIMG4336

旭川市内から、登山口までも遠かったですね。

登山口近くの、「道の駅しらたき」にてトイレ休憩。

RIMG4337

氷点下14℃でした。札幌の気温や景色と違い、極寒という感じです。

しかし、うっちー曰く、「氷点下20℃いかないと、冬山ではない!」ひえーーーー

RIMG4338

↑ 登山口の駐車場後は、除雪がされておらず、皆で、30分程かけて、車2台分の除雪をしました。おかげで体は温まりました。それにしても、雪が多い。

 

RIMG4339

 

RIMG4342

↑ 雪の渓流も美しい。そして、山はひっそりとして心地よい。

 

RIMG4345 RIMG4346 RIMG4347

 

↑ 駐車場の雪かきの間に、1名が先行してくれまして、ラッセルせずにすみました。ありがとうございました。

RIMG4348

↑ 今頃立派なChristmas Tree

RIMG4350 RIMG4352 RIMG4353

↑ 稜線近くになると風が強くなってきました。

RIMG4354

 

RIMG4357

↑ 気温氷点下18℃、味わったことのない強風・・・体がよろめきましたが、

うっちー曰く「ここからが冬山の楽しい所だよ!」ひえーーーー

RIMG4358 RIMG4360

↑ 一番年上なのに、一番元気なうっちー。物足りなそうでした・・・ひえーーーー

RIMG4361 RIMG4362 RIMG4364

↑ 1,555m 付近より、有明山頂上を望む。頂上までは、往復 1時間程あり、自分も含め、今回は冬山経験が浅いメンバーが多かったので、ここで、勇気ある撤退としました。

RIMG4365

RIMG4366

 

RIMG4368 RIMG4369

↑ 晴れては吹雪、吹雪いては晴れてを繰り返す。 

 

RIMG4371

RIMG4372

↑ 雪の塊と戦うモエ。

 

 

 

RIMG4373RIMG4376RIMG4377RIMG4378RIMG4379

2018.1.13 羊蹄山真狩コース(山スキー個人入門)

 

RIMG3937

【メンバー】

リーダー T尾さん、サブリーダーよっしー、I ちゃん、Y里ちゃん、入門者S木さん

【コースタイム】

07:30 コンパス利用方法、雪崩トランシーバー利用方法訓練
08:30 登山口発
11:30 弱層テスト、ツェルト設営訓練
13:10 1,150m 付近着、滑走開始
14:00 登山口着、まっかり温泉
16:30 中山峠 あげいも
17:30 パキスタンカレー カラバトカレー

朝焼けが美しい
朝焼けが美しい
今回はSさんの山スキー個人入門でして、最初に雪崩トランシーバーのサーチ訓練です。
今回はSさんの山スキー個人入門でして、最初に雪崩トランシーバーのサーチ訓練です。

 

実はオイラもプローブ使うの初めてだったりして・・・

実はオイラもプローブ使うの初めてだったりして・・・

夏山の真狩コース登山口から入ります。
夏山の真狩コース登山口から入ります。

RIMG3943

RIMG3944

天気は最高!!

天気は最高!!

転んでなかなか起き上がれないSさんを皆で喜んで写真を撮る

転んでなかなか起き上がれないSさんを皆で喜んで写真を撮る

RIMG3954

 

P1130190

RIMG3957

RIMG3961

尻別山と遠くに樽前山

尻別山と遠くに樽前山

昆布岳も見えた

昆布岳も見えた

皆ハイテンション!

皆ハイテンション!

ほぼ全部見渡せました

ほぼ全部見渡せました

RIMG3973

洞爺湖方面、昭和新山、有珠山まで見える。

洞爺湖方面、昭和新山、有珠山まで見える。

RIMG3975

コンプレッションテスト(弱層テスト)訓練。雪崩の起きやすさなどを確認します。

コンプレッションテスト(弱層テスト)訓練。雪崩の起きやすさなどを確認します。

RIMG3979

RIMG3980

RIMG3982

RIMG3984

RIMG3985

ツェルト設営訓練。Iちゃんが皆のコーヒー忘れて、皆でお湯を飲んだ・・・

ツェルト設営訓練。Iちゃんが皆のコーヒー忘れて、皆でお湯を飲んだ・・・

青い空に映える樹氷は何度見ても最高だ!

青い空に映える樹氷は何度見ても最高だ!

RIMG3991

RIMG3992

本日は、1,000m付近まで登れました。

本日は、1,000m付近まで登れました。

内浦湾も見えました。しばらく皆で見とれていました。

内浦湾も見えました。しばらく皆で見とれていました。

この時期にこんな快晴に恵まれて皆感激。初めて北海道で山スキーをした入門者Sさんはいきなりこんな景色を見られて何度も感激してくれて良かったです。

この時期にこんな快晴に恵まれて皆感激。初めて北海道で山スキーをした入門者Sさんはいきなりこんな景色を見られて何度も感激してくれて良かったです。

 

リーダーのT尾さん、素晴らしい滑りです!

リーダーのT尾さん、素晴らしい滑りです!

入門者のSは初めてのパウダースノーの割には、ガンガン滑っていました。うまい!

入門者のSは初めてのパウダースノーの割には、ガンガン滑っていました。うまい!

大学生のYちゃんもこれまた美しいフォーム。最初、トラバースしてたら「つまらない」とのことで、その後、ガンガン下るも、どんどん付いて来ていました。やるな~

大学生のYちゃんもこれまた美しいフォーム。最初、トラバースしてたら「つまらない」とのことで、その後、ガンガン下るも、どんどん付いて来ていました。やるな~

少し前に入門を終えたばかりのIちゃんは、スキー経験もあまりなくてやや苦戦気味でしたが、無事に下りました。

少し前に入門を終えたばかりのIちゃんは、スキー経験もあまりなくてやや苦戦気味でしたが、無事に下りました。

やや疲れているIちゃん

やや疲れているIちゃん

温泉入った頃には山は雲で覆われてしまいまして、雪も降ってきました

温泉入った頃には山は雲で覆われてしまいまして、雪も降ってきました

 

皆、中山峠であげいもを買っていました。調味料が10種類位もあるようでした。オイラはソフトクリームを食いました。

皆、中山峠であげいもを買っていました。調味料が10種類位もあるようでした。オイラはソフトクリームを食いました。

 

さらにネパールカレーで有名なカラバト・カリーを食いました。私は初でしたがうましでした!!

さらにネパールカレーで有名なカラバト・カリーを食いました。私は初でしたがうましでした!!

RIMG4014

 

2017/11/19氷雪入門 2日目(上富良野岳)

 

 

 

 

 

Screenshot_2017-11-23-09-28-28

 

2日目は上ホロカメットク山を目指しましたが、結局、上富良野岳まででした。

【コースタイム】

05:00 起床
07:00 C1 出発
07:30 スノーシューデポ
09:45 上富良野岳登頂
12:00 C1 着
12:15 十勝岳温泉前 下山→凌雲閣で温泉
16:00 支那虎(ラーメン屋)着

 

RIMG3204

朝方、テントの上部には霜が沢山ついていました。

RIMG3205

↑二日目も快晴!

RIMG3207

↑ ミックス組は6:30頃出発しました。

RIMG3208

雲海がとても綺麗でした。

RIMG3209 RIMG3217

途中でスノーシューからアイゼンに履き替えます。

RIMG3219 RIMG3220 RIMG3221

↑ 八ツ手岩へ登る、我が会のパーティー。

RIMG3222

↑入会後、色々、連れて行って教えて頂いてるMさん。

 

RIMG3224

↑ 斜度は45°位で、滑ったら100m位は滑落しそうです。

RIMG3225

↑今回の核心、D尾根。とにかく、急です・・・・

RIMG3227

↑富良野岳方向を望む

RIMG3228 RIMG3230 RIMG3233

↑ 三峰山?

RIMG3234

↑ 十勝岳の近くの噴煙

RIMG3236 RIMG3237 RIMG3239 RIMG3240

↑ 左側が上ホロカメットク山の頂上。遠いなぁと思いました。

RIMG3241 RIMG3242

↑ 今回は上富良野岳頂上までとしました。

ここまででも、初めて、雪の中をアイゼンで歩いたので、私にとっては、そこそこの体力を使いました。

RIMG3243 RIMG3247

↑ 右端の方は入門者だけど、ベテランなので、

その方にも、色々教えて頂きました。

RIMG3249

 

RIMG3254

RIMG3256

 

↑ 八ツ手岩のメンバーが見えた。

ただただ驚きながら見ていました。

RIMG3258

 

↑ D尾根の下りが一番怖かったです。

リーダーのY子さん。

RIMG3261

↑ 十勝岳温泉前に下山。

会に入会して2年、ようやく全ての入門を終えることができました。

まずはここまでお世話になった先輩の方々に感謝です。

また自分の世界が一つ広がったような気がします。

これを見ている未経験の方も、やってみませんか?

RIMG3262

↑ 山を降りた後は、だいたい皆、腹が減っています。

疲れると味の濃いものが食いたくなるというもの。

RIMG3263 RIMG3264

 

↑ こげ塩、うまかったですー

ナイスラー

https://tabelog.com/hokkaido/A0104/A010403/1007692/

2017/11/18氷雪入門 1日目(三段山)

 

去る11/18~19、氷雪入門を実施しました。

入門者は44歳男性1名(私)、70歳位の男性1名でした。

他の入門希望者は別の日に実施するようです。

【11/18 コースタイム】

10:00 十勝岳温泉前出発

10:40 C1(テン場)着

13:00 三段山登頂

15:00 C1 着

Screenshot_2017-11-23-09-28-05

 

Screenshot_2017-11-23-09-26-38

登山口はいつもの十勝岳温泉前の駐車場。やはりここはいつも悪天候。

登山口はいつもの十勝岳温泉前の駐車場。やはりここはいつも悪天候。

RIMG3141

↑登り始めて30分程でテン場到着。

RIMG3144

↑前のりの上ホロカメットク山へのパーティーが降りてきました。

RIMG3152

↑ 三段山、私は初登頂! 展望なし!

Tさんが病み上がりなのに、ワカンを貸してくれて、登ることができました!

RIMG3153

↑ 稜線からの降り口にはこの様に、デポ旗を2本立てておきます。

RIMG3154

↑ かなり急です。バックステップで下降します。

RIMG3156 RIMG3160

↑下山時、突然晴れ間が。初めて間近に見る冬山に感動しました。

RIMG3169 RIMG3171 RIMG3176

↑ 青空も、真っ白い雪山も、先輩達も皆、格好いい。

RIMG3177 RIMG3178 RIMG3179 RIMG3182

↑ 通称、うんこ岩で休憩

RIMG3183

↑化け物岩パーティーがあんなところへ。彼らこそ化け物です。

RIMG3184

↑化け物遠景。てっぺんに小さく人が見えます。

RIMG3189 RIMG3193

↑山が夕陽に染まり始めました。

しばらく見とれていました。

RIMG3194

↑ トイレの作り方も教わりました。

RIMG3195 RIMG3196 RIMG3199

↑ 我がパーティーの晩飯は白菜と豚バラ肉のミルフィーユ鍋

沢山飲まされてあまり覚えていませんが、22時頃?就寝したはずです・・・・

RIMG3201