2018.10.5~8 北漢山&仁寿峰(インスボン)

T平さん企画韓国クライミングツアーに7名が集まり、インスボンへ。5名は初めてです。

10月5日(金) 千歳から3時間で仁川空港に到着しました。

DSC02974

 

 

 

 

 

 

 

地下鉄乗り換えでソウル中心部の明洞に向かいます。

DSC02978

 

 

 

 

 

 

 

10月6日(土) 午前中台風25号が半島南部に上陸して雨です。13時から雨が上がる予報なので、時間を合わせて北漢山(ブッカンサン)ハイクとインスボンの下見に出かけました。

今年開通した地下鉄とタクシーで登山口に行きます。市内から1時間位です。未だ雨は止みません。タクシーは一人、登り@200円 下り100円誰でも乗り合わせでした。

 

DSC02980

 

 

 

 

 

 

 

ここが登山口です。

DSC02982

 

 

 

 

 

 

 

紅葉がきれいです。右手に大きなスラブが見えてきました。

PA063213PA063214

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山基地、白雲山荘(ペグンサンジャン)の山小屋です。ここに泊まる予定でしたが、連絡が取れず市内泊になりました。

PA063217

 

 

 

 

 

 

 

ソウル市内が一望できます。

PA063230

 

 

 

 

 

 

 

北漢山の狭い山頂です。

PA063239

 

 

 

 

 

 

 

山頂付近、山登るニャンコは何故か丸々してました。

PA063233  PA063240

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下見です。ラッペルの下降地点だそうです。

PA063252

 

 

 

 

 

 

 

明日の取り付き地点です。この大きなスラブから始まります。

PA063256

PA063259

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスボンの全景です

PA063264

 

 

 

 

 

 

 

 

地下鉄駅を降りた街中から両山が見えます。(左 北漢山 右 インスボン)

PA063266

 

 

 

 

 

 

 

今夜は、焼き肉&マッコリ

PA063272PA063274PA063276

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月7日(日) インスボンクライミング

地下鉄駅のロッカーに早朝から難儀。

駅ホームにはガスマスクや酸素ボンベが有ります。お国柄ですね。

PA073279

 

 

 

 

 

 

 

取り付き地点に来ました。日曜日なので、地元クライマーが大勢居ます。皆親切な人ばかりでした。

PA073281

 

 

 

 

 

 

 

ルートの取り付きまで先ず大きなスラブを2ピッチ登ります。フリーでスタスタ歩く地元のクライマーもいます。T平さん&カモさんが行きます。

PA073282

 

 

 

 

 

 

 

郁ちゃんです。

PA073284

 

 

 

 

 

 

 

最初のビレイ点から朋ちゃんです。

PA073285

 

 

 

 

 

 

 

下部スラブ2ピッチ目です。

PA073286PA073287

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つかまるものが無いので怖いですが、フリクションが効いて段々慣れてきます。

P1100234

 

 

 

P1100235

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オアシステラスで一休みです。ここからルートが始まります。我々、T平パーティー4人は優し目のインスAへ。カモさんパーティー3人はインスBです。

1ピッチ目 広いクラック40m、 5.6-5.7 真ん中の大きなクラックを朋ちゃんがリードします。

PA073291

 

 

 

 

 

 

 

真ん中のクラック上部です。最後のステミングが見せ場でした。

PA073290

 

 

 

 

 

 

 

2ピッチ目 狭いチムニー25m  5.7-5.8 狭いチムニーの中でジタバタという感じ

PA073294P1100240P1100239P1100241

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

此処では、こんな風に他のパーティーのロープが交錯します。

PA073301

 

 

 

 

 

 

 

3ピッチ目 広いチムニー 20m 5.7-5.8 左の方が易しく見えましたが、右に行きます。

PA073303

 

 

 

 

 

P1100246PA073304PA073306

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

,

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4ピッチ目 大岩 30m 5.6-5.7

PA073307

 

 

 

 

PA073308

 

 

 

 

 

,

 

 

 

 

山頂~ラッペル 順番待ちでここも混雑です。ラッペルは50m+20mでした。

IMG_0279

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日登った北漢山山頂には大勢の人が立っています。

IMG_0280

 

 

 

 

 

 

IMG_0281

 

 

 

 

PA073310

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事に戻って来ました。慣れないスラブはグレード以上に難しかったです。皆さん其々の思いを胸に帰国しました。

PA073312

 

2018.2.10~12 斜里岳厳冬期 西尾根ルートから 山行企画部山行

5時間半かかってやって来ました。清里町竜神神社付近の車止めです。企画山行に2P7名が参加しました。

P2100756ザックがでっかい?Monちゃん

IMG_2788

 

 

 

 

 

ゲートを抜けると清岳荘まで7.9kmの看板があります。

P2100758

 

 

 

P2100759

綺麗な樹林帯の中を進む林道歩きです。帰りの登り返しは殆どありません、

P2100760

 

 

 

 

 

 

 

15:40 先行Pに30分ほど遅れて清岳荘に着きました。天場は風を避けて床下でした。

P2100772

 

 

 

 

 

 

 

翌朝6:10出発です。予報は午後から下り坂ですが、気温-7度、風弱くアタック日和です。

P2110787

 

 

 

 

 

 

 

樹林帯を抜けるとクラストした雪に変わってきました。

P2110792

 

 

 

 

P2110794

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tパーティの3人、トミー&Monちゃんです。

DSC02427

 

 

 

 

 

 

 

1,075mポコが近づいて来ました。雪が少なくハイマツが出ています。

P2110801

 

 

 

 

 

 

 

1,075mポコでスキーデポしました。雪面はクラスト、灌木のブッシュがうるさく快適なスキー滑走のお愉しみは望み薄です。

P2110803

 

 

 

 

 

 

 

高曇り、山頂方向は未だガスの中でした。

P2110805

 

 

 

 

 

 

 

U海パーティが先行します。力余し気味の彼(女)らはラッセル担当です。

DSC02434

 

 

 

 

 

 

 

薄日が差してきました。視界も徐々に広がってきました。

P2110806

 

 

 

 

 

 

 

精鋭の内海P、

IMG_3008

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、早々とファイト一発アミノバイタルのトミーです。

IMG_3007

 

 

 

 

 

 

 

特徴のあるゴジラ顔の岩

P2110810

 

 

 

 

 

 

 

山頂方向の視界も徐々に開けてモチベーションが上がります。

P2110813

 

 

 

 

 

 

 

先行Pが次のピークに豆粒のように見えます。ラッセルをしても速いです。

P2110824

 

 

 

 

 

 

 

我々は着実な一歩を刻みます。

P2110825

 

 

 

 

 

 

 

 

この逞しい後ろ姿はユリちゃんですね。

DSC02474

 

 

 

 

 

 

 

痩せた稜線を行きます。雪は安定しています。

P2110837

 

DSC02481

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1,028ポコ付近をいく先行パーティ、

DSC02485

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは夏道ではありませんが、こんなところに太いワイヤーが設置されていました。

DSC02489

 

 

 

 

 

 

 

ドンずまったトラバース、戻りました。

IMG_3038

 

P2110842

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バリバリに元気なMonちゃん、やるとは思ったけれど

P2110843

 

 

 

 

 

 

 

ニタニタしながらナイフリッジでトミ-を励ますMonちゃんの図、

P2110844

 

 

 

 

 

 

 

山頂直下、最後の登りです。

P2110846

 

 

 

 

 

 

 

U海パーティが登頂しました。マキちゃん、ユリちゃん&Y田さん

DSC02495

 

 

 

 

 

 

 

入れ替わりで、我々も山頂です。ひとあし先に北稜クラブPが東尾根から来ていたそうです。(後日談)

P2110851

 

 

 

 

 

 

 

下山です。

P2110856

 

 

 

P2110859

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

降り返れば、今日一番の景色が広がっていました。

P2110865

 

 

スキーデポ地点から一瞬ですが、全景がご披露されました。

P2110869

 

 

 

 

 

 

 

2/10  札幌6:00→清里町竜神神社前(車止め)12:30着 13:00発→清岳荘16:40

2/11  C1 6:10→1,075ポコ8:20→斜里岳11:45/12:00→C1 15:30

2/12  C2  6:30→車止め8:30

写真提供:Monちゃん、U海さん、ユリちゃん

 

2018.1.14 屏風岳

三国峠辺りから俯瞰すると北に真っ白く輝く大きな山がる、屏風岳1792mである。一度行きたいという朋ちゃんの誘いがあり、計画、メンバーはお任せで参加。英樹さん、久子さん、幸ちゃん、紋別のUさんら重厚なメンバ-が揃った。

大函からニセイチャロマップ林道、最初の橋を渡ると林道が消えました。一昨年の台風で川の流れが変わってしまったようです。川岸を恐る恐る、ドボン=即敗退です。

P1140603     プレビュー

 

 

 

 

 

 

 

沢型から入り、送電線を見上げながら支尾根に取り付きます。最長老のHさんが先頭です。

P1140604

 

 

 

 

 

 

 

本峰に続く南西尾根にでました。最初は広くてなだらかな樹林帯です。

P1140605

 

 

 

 

 

 

 

前方に屏風岳の釣尾根が見えてきました。マダマダ遠く高いですが、見えるのはニセピークです。

P1140611

 

 

 

 

 

 

 

振り返れば大雪の山並みです。シーズンでも稀な好天です。

P1140623

 

 

 

 

 

 

 

左手奥にはトムラも見えます。

P1140624

 

 

 

 

 

 

 

1,450m 上部の細尾根は急で下りのスキーも厄介なので早目にデポしました。

P1140627

 

 

 

 

 

 

 

交代でツボ足ラッセルです。

P1140633

 

 

 

 

 

P1140636

 

右手には武利岳、武華岳です。

P1140634

 

 

 

P1140635

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹林帯を抜けると風が出てきました。屏風岳は巨大な雪庇が発達するそうですが、未だ少々です。

P1140638

 

 

 

 

 

 

 

本峰はガス間に見え隠れ、ニセピークから30分といったところです。

P1140641

 

 

正面の平らな台地が山頂でした。

p1140642-1

 

 

13:10 山頂です。少し風は有りましたが青空です。6時間半かかりました。

p1140642-3

 

 

 

 

 

 

 

帰ります。

P1140643

 

 

 

 

 

 

p1140645-2

 

 

 

 

 

P1140647

 

 

 

 

 

 

 

 

14:10 スキーデポ地点に戻りました。

P1140652

 

16:20、戻ってきました。山頂から丁度3時間でした。

P1140653

 

 

 

 

 

 

 

1/14 大函6:40-1,450mスキーデポ11:20-ニセピーク12:40-山頂13:10-車止め16:20

写真提供:Uさん、hidejiさん

2018.1.1~3 トムラウシ山 山行企画部山行

2018.1.1(月)雪 ☃

トムラ企画山行年始組はメンバーの体調不良があって朋ちゃん、郁チャンとの三名になりました。 作戦は、天場を上げ過ぎないこと、二日目勝負&体に優しいルート取り

東大雪荘から出発します。小雪混じりの曇天です。

P1010453

 

 

 

 

 

 

P1010455

 

温泉駐車場手前から夏道が通る尾根に取り付きます。

P1010461

 

 

 

 

 

 

 

取り付きから200m程上がると広くてなだらかな樹林帯が続きます。

P1010463

 

 

 

 

 

 

 

12:40 短縮登山道合流地点付近 (1060m)

P1010471

 

 

 

 

 

 

 

予定の天場、14:10到着、早めですが今日は此処まで

カムイサンケナイ川右岸1,320m地点緩やかな尾根上です。

 

1月2日(火)曇り後少し☀あり後雪

P1020477

 

 

 

 

 

 

 

気温はマイナス8℃、風は5m以下、山頂方向はガスっているがアタック日和である。

P1020480

 

 

 

 

 

 

 

天場から高度を上げずに1,320~50mの範囲で右岸を1.3km余りトラバース

P1020483

 

 

 

 

 

 

 

カムイサンケナイ川を1,320mで横断してそのまま左岸の尾根に取り付きます。木の密度は薄い疎林です。

P1020485

下りは楽しそうな斜面が広がっていますが、吹雪かれたら逃げ場無し

p1020487-1

1,550m付辺りで尾根に乗りました。(写真/郁)

P1020488

1,738mポコを目指して広い尾根を進みます。

p1020493-1

1,738mポコを右から巻いたあと、1,780mで夏道を横断します。右手夏道方向は岩が露出していてスキーは使えません。(写真/郁)

P1020494

 

 

 

 

 

 

 

カムイサンケナイ右股が入り込むなだらかな沢筋に入りました。左手には1,898m~1,912mピークに続く尾根と並行しています。

P1020499

ぽつぽつハイマツもありますが、問題無し。 ここら辺からデポ旗使用

P1020502

視界も多少良くなり、青空もチラリと

p1020504-3

スキーをデポ、1,900m地点です。前方は山頂方向

P1020505

P1020508

山頂から南に延びる尾根に取り付きます。陽がさしてきました。

P1020511

P1020515

左のピークが山頂です。

P1020521

hidejiさんの情報でピッケルは持ちませんでした。

P1020523

P1020524

山頂直下です。

p1020532-2

トムラ山頂に着きました。

P1020536

展望はこの程度でした。

P1020541

P1020542

帰ります。

P1020544

P1020547

デポ地点まで戻りました。

P1020554

下りはご褒美のパウダーでした。

P1020561

無事天場に帰還しました。

1月3日(水)曇り

P1030564

8:10 今日はのんびり出発しました。東大雪荘のお風呂は12:00開場です。

P1030566

昨日下山したパーティーのトレースが雪被りですが、残っていました。

P1030571

下りは広くて緩やかな斜面に小さなポコが三つ、

P1030577

帰ってきました。厳しいトムラのお天気は次回のお愉しみですね、

1/1 札幌発5:00~東大雪荘9:30/10:10発~短縮道付近12:35~天場(1,320m)14:10

1/2   天場6:20~1,738mポコ付近8:45~スキーデポ(1,900m)10:45~トムラ山頂(2,141m)12:00/12:20~スキーデポ12:45~天場14:40

1/3   天場8:10~東大雪荘10:50

2017.3.17n~19 トヨニ岳 ピリカヌプリ

知床岳が土砂崩れ通行止めで、昨年GWに敗退したピリカヌプリに転進しました。

野塚トンネルでC0  tomoちゃんとその友人k氏との3人です。

P3180834

 

 

 

 

 

 

 

尾根上にはしっかりトレースがあってワカン不要、少し拍子抜けです。

P3180838

 

 

 

 

 

 

 

ピカピカの快晴です。tomoちゃんがいると☀☀☀・・・お天気保険?

P3180848

 

 

 

 

 

 

 

日高の稜線上に出ました。行くてにトヨニ岳が羽を広げてます。

P3180857

 

 

 

 

 

 

 

稜線上を行きます。

P3180871

 

 

 

 

 

 

P3180883 (2)

 

南峰への登りです。

P3180903

 

 

 

 

 

 

 

南方面、野塚岳、オムシャ、楽古岳など

P3180906

 

 

 

 

 

 

 

北方面、右からトヨニ岳南峰、北峰、ピりカヌプリ、神威岳

P3180909

 

 

 

 

 

 

P3180912

 

 

 

 

 

 

 

トヨニ岳南峰です。

P3180916

 

 

 

 

 

 

 

トヨニ岳のコルです。昨年はこの近辺に天場を作りましたが、荒天で敗退でした。

P3180926

 

 

 

 

 

 

 

北峰へ

P3180931 (2)

 

 

 

 

 

 

 

北峰です。

P3180935

 

 

 

 

 

 

 

天場は北峰を下った最初の小ピークに設定

15ⅿの風が吹く予報なので、ガッチリブロックを組みました。

P3180957

 

 

 

 

 

 

 

穏やかな夕暮れです。

P3180969

 

 

 

 

 

 

 

天場の朝、

P3190978

P3190976

 

 

出発です。

P3190979 (2)

 

 

痩せた日高の稜線

P3190990

 

 

ピリカが近づいてきた

P3190994

P3191009 (2)

 

 

ピリカヌプリ山頂、指差す方向はソエマツ岳です。

P3191015

 

 

 

 

 

 

 

遠くに1839やカムエク、次のソエマツ(中央)までは片道3時間位でしょうか?、

P3191014

 

 

 

 

 

下山、往路を帰ります。

P3191024

帰りも遠いです

P3191028

 

 

 

 

 

 

 

 

登り返しが多くて戻りも時間がかかります。

P3191037 (2)

 

P3191044

 

 

 

 

 

 

P3191051

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りはトヨニ岳東峰経由で

P3191052 (2)

 

最後のピーク、トヨニ岳東峰です。

P3191058 (2)

 

野塚岳をバックに下ります。

P3191064

 

 

 

 

 

 

 

帰ってきました。今日は、11時間行動でした。

P3191066

3/18 野塚トンネル6:30-稜線8:15-トヨニ岳南峰10:50-北峰12:10-天場12:40

3/19 天場6:10-ピリカ山頂9:30-天場12:35/13:30-北峰13:45-南峰14:35-

東峰14:50-野塚トンネル17:00

2017.3.1n~2 富良野岳北尾根

富良野岳北尾根、3度目の正直を目指してまたやって来ました。メンバーはtomoちゃんとその友人k氏との3名でした。旧バーデン富良野前の駐車場でC0 明け方はテントに吹く強い風に参ったな~という感 じでした。

北尾根はホコ岩付近から上部はガスの中です。

P3020546

 

 

 

 

 

 

 

6:30 沢を渡って出発です。

P3020550

 

 

 

 

 

 

 

尾根上に出ました。

P3020555

 

 

 

 

 

 

 

谷を挟み三段山がかすかに見えます。

P3020557

 

 

 

 

 

 

 

スキーは1,480付近まで上げてデポ、

P3020562

 

 

 

 

 

 

 

風が強くなってきました。

P3020568

 

 

 

 

 

 

 

1,600ⅿ付近、ここからはEPの世界です。

P3020575

 

 

 

 

 

 

 

 

ホコ岩が近づいてきました。益々風が強くなってきました。

P3020578

 

 

 

 

 

P3020584

 

 

 

 

 

 

 

 

ホコ岩を越えました。通過では、強風なのでロープを出して安全確保しました。

P3020590

 

 

 

 

 

 

 

風雪にもめげず進みます。

P3020595

 

 

 

 

 

 

 

山頂方向、段々視界も無くなってきました。

P3020602

 

 

 

 

 

P3020607

 

 

 

 

 

 

 

 

急斜面やトラバース、この辺りは少し変化があります。

P3020615

 

 

 

 

P3020618

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上ホロ、十勝岳方面 時折視界が開けます。

P3020619

 

 

 

 

 

 

 

ナイフリッジの手前で作戦会議

P3020622

 

 

 

 

 

 

 

ナイフリッジ、雪の状態がよくわからないのでロープを出しました。

P3020625

 

 

 

 

 

 

 

富良野岳山頂です。

P3020627 (2)

 

 

 

 

 

 

 

私とtomoちゃんは3度目の機会で登頂でした。

P3020628 (2)

 

 

 

 

 

 

 

下ります。帰りも慎重に、

P3020635

 

 

 

 

 

P3020638

 

 

 

 

 

P3020640

 

 

 

 

 

P3020651

 

 

 

 

P3020654

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホコ岩に戻ってきました。此処まで下ると視界が開けました。

P3020664

 

 

 

 

 

 

 

スキーデポ地点、私にはここからの滑走が核心です。以降余裕なく写真なし、

P3020675

 

 

 

 

 

 

 

三峰山沢まで帰ってきました。

P3020677

 

 

 

 

 

 

 

コースタイム

天場6:15-三峰山沢6:25(1,000ⅿ)-スキーデポ8:00(1,480ⅿ)-ホコ岩9:00(1,700m)-ナイフリッジ10:25(1,820ⅿ)-富良野岳山頂11:00(1,912m) -ホコ岩12:00-スキーデポ12:25-三峰山沢13:50-天場14:00

2017.1.7~9 原始ヶ原~境山 山行企画部山行

今年も来ました。ゲートは昨年より手前でした。

メンバーはS(幸)、Y(久)、朋、mimiちゃんの強力な女性方です。

P1070144

 

 

 

 

 

 

 

布部川沿いまで来ました。林道にはトレースがありラッセル無しでした。

P1070147

 

 

 

 

 

 

 

雪は多くありません。平年並みでしょうか

P1070149

 

 

 

 

 

 

 

三の沢沿いを源頭まで詰めて渡渉せず、

P1070156

 

 

 

 

 

 

 

原始ヶ原に出ました。昨年に比べてスンナリ到着。原始ヶ原は低地を避けて山麓を進みました。

P1070158

 

 

 

 

 

 

 

豪華な夕食です。

P1070165

 

 

 

 

 

 

 

朝の天場

P1080166

 

 

 

 

 

 

 

樹間に朝日が届いてきました。

P1080169

 

 

 

 

 

 

 

樹林帯を抜けると目指す山並みが姿を見せます。

P1080189

 

 

 

 

 

 

 

中央の目立つピークが境山かな?と思いましたが、答えは後程

P1080190

 

 

 

 

 

 

 

ラッセルも快調、順番が来ません。

P1080192

 

右手のシーソラプチ川を渡ります。

P1080194

P1080197 (2)

 

境山です

P1080241

 

境山に向かって

P1080204

 

最後の登りです。

P1080206

 

十勝岳・美瑛岳~右奥はトムラ方面。東面からですが、形は同じですね

P1080218

 

下ホロ方面です。下ホロは中央に見えているピークの右肩の遥か奥、遠いです。

P1080221

 

原始ヶ原とトウヤウスベ山方面

P1080223

 

境山山頂です。三角点は三等でした。

P1080228 (2)

P1080229

 

下山

P1080236

 

スキーデポ地点まで戻りました

P1080242

 

滅多にない無い良い天気でした。

P1080245 (2)

 

真ん中一番奥に小さく見えるのが境山でした。

P1080248 (2)

 

昨年のお正月ピークを踏んだ富良野岳

P1080251

 

mimiちゃんの力作、今日も美味しく栄養補給

P1080257

原始ヶ原 お天気は段々と下り坂です

P1090261

 

戻ってきました。シールはここで外しました。

P1090270

コースタイム

1/7  車止め8:00-原始ヶ原入口13:15-◇1 14:50

1/8  ◇ 6:50-境山山頂11:15/11:40-◇2 14:10

1/9  ◇2 7:25-車止め10:50

 

2017.1.1~3 羅臼岳 南西ルンゼ 山行企画部山行

札幌から6時間余り、知床横断道路の起点が車止めです。今日は快晴です。

正月山行 常連のM柄、M宅、I谷にikuちゃんとaiちゃんが加わりました。

P1010039

 

 

 

 

 

 

 

国道334号線です。知床峠まで10kmの道のりです。

緩やかな登りが続きます。今日は7合目付近まで、

P1010045

 

前方に真っ白い羅臼岳が見えてきました。

P1010050

 

2時間40分で愛山荘到着、ここを使わせてもらいました。貸切でした。

P1010060

 

羅臼岳の夕暮れ、怪しい笠雲が出てきました。

P1010065

 

翌朝、6時30分小屋発

P1020069

 

標高738mの知床峠まで1時間余り、峠は吹きっさらしで、路面が出ています。

P1020071

 

ここから雪原に出ます。

P1020072

 

遠くに羅臼岳の裾野が見えます。

P1020076

 

1,100m付近からピッケルに持ち替えました。視界不良

P1020079

 

一応、作戦会議?

P1020081

 

上へ

P1020082

 

更に上へ

P1020084

 

一瞬、視界が開ける時も

P1020086

 

段々と傾斜がきつくなってきました。直登する人、ジグを切る人其々です。

P1020089

 

稜線直下の急斜面、体感斜度45度、雪質が良いので助かります。

P1020091

 

山頂直下でガケに遭遇、右や左にルート探しました。ガケも周囲もホワイトな世界です。

P1020092

 

夏道方向に回りこんでバンド状のところを抜けました。

P1020093

 

狭い山頂です。 展望ゼロ、国後は見えません、残念

P1020094

 

 

 

 

 

 

 

山ガールか?

P1020096

 

 

 

 

 

 

 

視界が開けるとこんな感じです。

P1020098

 

 

 

 

 

 

 

aiちゃん、姿もキマッテきました。

P1020100

 

 

 

 

 

 

 

イエイ

P1020106

 

 

 

 

P1020112

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下ります。

P1020114

 

 

 

 

 

 

 

こんな瞬間もありました。

P1020115

 

 

 

 

 

 

 

ルンゼから出てきました。

P1020117

 

 

 

 

 

 

 

峠方向です。

P1020119

 

 

 

 

 

 

 

振り返れば

P1020123

 

 

 

 

 

 

 

スキーデポ地点、標高900m辺りです。此処から大滑走の筈ですが、

P1020126

 

 

 

 

 

 

 

クラストして波打った雪面は中々手強いです。

P1020131

 

 

 

 

 

 

 

峠で一枚

P1020136 (2)

 

前方奥に今日登った羅臼岳のルンゼが霞んで見えます。

夕暮れも迫り、小屋到着は16時半頃、時間もかかりました。

P1020138

 

 

 

 

 

 

 

二日間お世話になった小屋を後に

P1030140

 

戻ってきました。

P1030141

この時期、気温-15度、風速15m以上が常態の羅臼岳ですが、天候にも恵まれて登れました。

コースタイム

1/ 1  札幌6:30-知床自然センター車止め13:00-愛山荘15:40

1/2  愛山荘6:30-知床峠7:35-羅臼岳山頂12:35-知床峠15:30-愛山荘16:30

1/3  愛山荘7:35-車止め9:35

2016.12.24~25 余市岳 山行企画部山行

大雪で街中は大渋滞、諸々ハプニングもありながら、国際スキー場に2P、11名が集合しました。新人は二人、ツアー入門のフォローでゴンドラの終点駅から泊装備を背負いましたが、わずか20分ほどでサイト予定地に到着しました。朝里岳の手前1,120m地点です。

PC241506

 

 

 

 

 

 

 

aiちゃんお手製のホットワインは温まりました。&ケーキはモリモトのシュトーレンです。

PC241512 (1)

夕食はrinaちゃんのローストチキンと、付け合わせのシナモン味の煮リンゴは料理名わからず…  、あとトムヤムクン風味の麺でした。美味しく頂きました。

PC241517

翌朝の天場風景

PC251521

2P 11名が整然出発です。

PC251525

先ずは、朝里岳の登りから

PC251531

往路の視界は30m位、朝里岳から飛行場を中心にデポ旗100本打ちました。

PC251534

余市岳の登りはスキーアイゼンが有効でした。

PC251533

余市岳山頂に着きました。

PC251535

ベースに戻ると青空が広がりました。

PC251536

PC251537

2016.11.3 ペトツルンベ山(795.8m)

中途半端なこの時期、藪漕ぎがしたいMに

未踏峰希望のH、+展望がある山をM宅さんが探してこの山になった。

アイヌ語由来でペトツルンベは「辺止釣運瓶」と書くとのこと、

登山口は新十津川のピンネシリ登山口から、

PB031327

 

 

 

 

 

 

 

登山道を300m程歩き、右の笹やぶに入り、

PB031328

 

 

 

 

 

 

 

一尾根越えて、砂金沢の支流ホロカソッチ沢へ下る。

帰りにムキタケをゲット、

PB031332

 

 

 

 

 

 

 

二股は右を詰める。この顔ぶれになるとやはり水っぽくなる。

PB031335

 

 

 

 

 

 

 

足元は全員長靴、鋲付きがベストのようです。

PB031339

 

 

 

 

 

 

 

唯一の滝、2m?

PB031346

 

 

 

 

 

 

 

小さい沢ですが、650mくらいまで水流がありました。此処から藪の急登です。

PB031359

 

 

 

 

 

 

 

稜線に出ました。荒れ模様の天気のお蔭ですっかり雪景色です。

PB031362

 

 

 

 

 

 

 

山頂です。雪を掘って三角点発見、三等でした。

PB031365

 

 

 

 

 

 

 

下山です。尾根上はネマガリタケの猛烈な藪ですが、

僅かな降雪ですっかり寝てしまっています。

PB031366

 

 

 

 

 

 

 

登山口8:30-山頂11:00-登山口13:00

2016.9.25 ポンショカンベツ川~暑寒別岳 

夏の終わりに今週も増毛の沢へ。私とm宅さんは三週、m柄さんも二週連続である。大御所のH子さんとhidejiが加わって5人となった。
P9251079

 

 

 

 

 

 

暑寒荘から5分歩いて入渓

P9251081

 

 

 

 

 

 

 

単調な河原歩きが始まる。前を行くMとhidejiのペースは速い。

P9251093

 

 

 

 

 

 

 

650mで左から枝沢の滝が落ち込む。

P9251101

 

 

 

 

 

 

 

700mでは右から枝沢の滝

P9251106

 

 

 

 

 

 

 

 

 

河原歩きが続くが、776ⅿの二股までもう少し

P9251110

 

 

 

 

 

 

 

776m二股、頑張って歩きましたが、やっぱり2時間半かかりました。

P9251122

 

 

 

 

 

 

 

渓相がガラッと変わって雰囲気が出てきました。

P9251128

 

 

 

 

 

 

 

此処から核心が始まります。

P9251130

 

 

 

 

 

 

 

小滝が続きます。風が冷たくシャワーをする元気はありません。

P9251132

 

 

 

 

 

 

 

10mの滝、此処は左から、直登はしません。

P9251136

 

 

 

 

 

 

 

俺、日本ザリガニ

P9251146

 

 

 

 

 

 

 

稜線が見えてきました。

P9251147

 

 

 

 

 

 

 

1,000m付近の二股

P9251151

 

 

 

 

 

 

 

右は直瀑、左は緩めの斜滝が二段。hidejiさんが「右の滝が登れる筈だ」

というが、無理々々

P9251153

 

 

 

 

 

 

 

左から取りつき、

P9251155

 

 

 

 

 

 

P9251157

 

 

 

 

 

 

 

右の尾根を乗越、滝の落ち口へズリズリと。ロープは出ません。

 

P9251161

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ滝は続きます。

P9251163

 

 

 

 

 

 

 

1,050ⅿ

P9251181

 

 

 

 

 

P9251183

 

 

 

 

 

 

 

 

1,090ⅿ

P9251195

 

 

 

 

 

 

 

1,170ⅿ二股、ガイド本では右の涸れ沢方向だが、水流のある左へ進む。

P9251203

 

 

 

 

 

 

 

源頭部、1,240mで水涸れとなる。

P9251206

 

 

 

 

 

 

沢型が続くので暫くは藪漕ぎ無し。

P9251212

 

 

 

 

 

 

 

1,330mで藪、左にトラバースして回避しロックガーデンに向かう。

P9251230

 

 

 

 

 

 

 

ロックガーデンを行く。

P9251235

 

 

 

 

 

 

 

1,400ⅿで岩場が切れてまた藪に遭遇、再度左にトラバースして草原を行く。

P9251244

 

 

 

 

 

 

 

頂上台地の1,470mで登山道に出た。藪こぎはほんの僅かでした。

山頂はすぐそこです。

P9251247

 

 

 

 

 

 

 

山頂、風も止み穏やかな天気になったが、展望はいまひとつでした。

P9251255

 

帰ってきました

P9251257

 

 

 

 

 

 

 

9/25 暑寒荘5:20-776ⅿ二股7:50-1,235源頭10:00

暑寒別岳11:00/11:30-暑寒荘14:10