2019.08.24 布部川~原始ヶ原

Mキプレゼンツの布部川から原始ヶ原、川は増水してるし天気が良くないので止めて戻りかけた軟弱なメンバー(自分らですが)もいましたが、結局は全員が揃って行くことになりました。

DSCN0656
登山口からすぐに沢に下りる道を行きます。

DSCN0658
すぐに入渓ですが普段も水量が多い沢だと思います、がやはり増水しているような気がします。

DSCN0660
渡渉も少し苦労しながら行きます。小さな滝が出てきます。

DSCN0661
DSCN0665
不動の滝です。

DSCN0667
このポーズは定番みたいですね。

DSCN0673
やっぱり増水してます。

DSCN0675
壁から滝が見えたら二段の滝が右に出てきます。

DSCN0676
水量がすごいです。

DSCN0677
二段目の滝です。

DSCN0678
原始ヶ原への昔の沢コースなので、梯子も残っています。

DSCN0679
ワイヤーに捕まりながら

DSCN0682
三の沢にかかる蒼天の滝です。

DSCN0685
ここもワイヤーに掴まりながら

DSCN0686
鹿の骨が一カ所に集まっていました。

DSCN0687
DSCN0691
赤岩の滝です。左岸を15分くらいで巻いて進みます。
赤岩を見て帰るなら前の写真で左に行くと原始ヶ原に行くそうです。

DSCN0692
落口を覗きに行きます。

DSCN0694
赤い滑が続きます。

DSCN0698
やがて二股になり左に行きました。右股は五反沼に行きます。

DSCN0702
このテープが無かったら夏道は何処か分からないですね。

DSCN0704
湿原に出ました。

DSCN0705
木が倒れた根っこに苔が。

DSCN0706
「松浦武四郎の通過の地」と有ります。150年くらい前だそうです。

DSCN0708
炊飯器の鍋の鐘です。

DSCN0709
富良野岳への道です。

今回のメンバーは冬にしか来たことが無いメンバーが多かったです。
布部川から原始ヶ原に出てからはテープがある所もあったのですが、藪が濃くて夏道は分かりづらかったです。GPSのお世話になりました。
雨が強く降ったり晴れたり目まぐるしく天気が変わった日でしたが、虫が全く出てきませんでした。

6:50登山口~6:55入渓~9:40赤岩の滝~9:54巻き終了~11:00夏道~12:00松浦武四郎の通過の地~13:00登山口

 

2019.08.18 ニタナイ川伏見岳北面直登沢

山行部企画山行・後半組でも千呂露川二岐沢三ノ沢に入る予定が、最終的に台風の影響が少ない夜行日帰りのニタナイ川に落ち着いた。ニタナイ川から妙敷山も考えていたのだが、時間がかかりそうで今回は絶対に下山遅れになりたくなかったからだ。前夜は剣小屋に泊まり、早朝に林道入り口に。

DSCN0622
「登山口まで何時間かかるかなぁ」と思いながら出発する。

DSCN0624
5分も歩くと林道の工事が行われているが、トムラウシ沢林道工事とあったので小屋までの林道ではなく、トムラウシ山に上がっていく林道の為の工事らしい。伏見小屋まではあちこち林道が崩壊しているので、もう直すことはないだろう。

DSCN0626
途中の妙敷山に上がる沢はかなり土砂が流れてきていて、林道が分かりづらくなっていた。伏見小屋も周りは荒れているが、小屋の中は綺麗だった。もう泊まる人も少ないのだろう。水場は壊れていた。

DSCN0627
登山口の登山者名簿も記載は少なかった。伏見岳も遠くなってしまった。

DSCN0647
登山口から歩いてすぐの枝沢から本流に下りました。

DSCN0628
下りた本流も荒れていて、

DSCN0629
やがてトムラウシ山から流れ落ちる滝が見えてきます。

DSCN0630
乙女チックに滝から落ちる滴に手を。

DSCN0631
左に屈曲している沢の滝を登っていきます。

DSCN0632
滝や滑滝は途切れることなく続きますが、お助けを出すことも出されることもなく登って行きます。

DSCN0633
前回に行ったときは滑る沢の印象だったのですが、今回は滑ることはありませんでした。季節でしょうか、雨でぬめりが取れたのでしょうか?。

DSCN0634
MキとMよちゃんが早くて早くて、二人でスピードを競って登って行きます。
付いていけません。

DSCN0636

DSCN0637

DSCN0638
1430m二股は左へ、台風一過とは今回の天気ですね。

DSCN0641

DSCN0642
水も涸れてきたので補給。

DSCN0646
「山谷」では登山口から頂上まで5時間、我々はM&Mのお陰で4時間ちょいでした。

4:35林道入り口ゲート ~6:00伏見小屋~6:15登山口~6:30入渓~7:05トムラウシの滝~10:25伏見岳頂上~11:05~12:45登山口~12:50伏見小屋13:10~14:40林道入り口ゲート

2019.08.03~04暑寒別川本流

Kポンが沢でまだ泊まったことが無いというので募集をかけると、ベテランが集まり脇を固めることになった。Kポンは何と去年の6月に入会し山に行きまくっているが、まだ夏尾根は行ってないという。暑寒別川本流は地図では暑寒別川となっているが、昔から暑寒別川本流で通っている。

DSCN0552
暑寒別川に架かる橋の手前に車を置き、林道を歩き290m位で沢に下りる。朝から暑くもう水に浸かるSえさん。

DSCN0553
単調な流れが続くがロープを張っているところも、釣り人の設置物だろう。

DSCN0555
やがて函に着くと釣りをしている単独行の人がいた。二泊三日で入渓したが左岸の脚立のある巻きは壊れていて、右岸の高巻きルートを探したが分からず引き返すという。我々は泳げるSえさんと自分が泳ぎ、

DSCN0557
後のメンバーをロープで引っ張る。

DSCN0558
ロープを引っ張ってきたSえさん。水は温い。

DSCN0559
左岸高巻きの梯子、今にも切れそう。

DSCN0565
また単調な流れになる。函を泳がなければ何の面白さは無い。

DSCN0570
沢の中にも熊の足跡が何ヶ所かで見かけました。皆下流に向いてました。

DSCN0571
余りにも暑いので、支流の滝に打たれます。年寄りはパス。

DSCN0577

DSCN0579
570m二股に着きました。二股でテン場を探したのですが良いテン場が無く、少し下り沢そばを一張り分整地しテン場にしました。

DSCN0581
流木も少なくやっと木を集め焚き火です。
今回は食事は各自、それもまぁ良かったです。早く付いたのでノンビリと過ごします。

DSCN0583
増水しているとダメなテン場です。

DSCN0584
翌日、また二股に向かいます。

DSCN0585
滝の脇を登り

DSCN0587
進んで行くと面白くなるかなぁ

DSCN0588
いや、また単調な流れになります。

DSCN0590

DSCN0594

DSCN0598
小滝が幾つかありますが、皆登れます。

DSCN0600
1000m二股は右へ、GPSは984m。

DSCN0604

DSCN0605
水流が少なくなってきて

DSCN0609
1200m二股と言われるところの滝です。GPSでは1167m、水流は手前が多いですが、奥の滝を行きます。

DSCN0612
沢が狭まってきて

DSCN0613
源頭らしきところで休憩。

DSCN0615
右に雄冬山、左は浜益岳。

DSCN0616
沢筋を詰めて少しの藪を漕いでいくと頂上が見えてきました。。

DSCN0617
すぐに南暑寒への縦走路に出ます。

DSCN0619
31歳から71歳までの幅広い年齢のメンバーです。今回はリーダー以外は初めての暑寒本流でした。頂上ではいつものごとくトンボが沢山舞っていました。
Sえさん、Hっきーが早くて早くて付いていくのがやっとの山行でした。夏道の下山も暑くてしんどかったです。

3日 9:07車留場~9:44入渓~11:12函~14:41 570m二股
4日 5:00キャンプ地発~10:10夏道稜線~10:15頂上10:50~14:00暑寒荘

2019.07.20 支湧別川支流上二股沢川

紋別から来るUさんが大雨で渚滑川が増水していたと心配してたが、白滝は雨が降っていなかった。奥白滝道の駅で待ち合わせ、平山登山口への道路を走り途中から上二股沢川林道に入る。すぐに上二股沢川の支流を横切るので、そこでメンバーを下ろし車を林道の入れるところまで置きに行く。1台が普通乗用車だが何とか思ったよりも入ることが出来た。RV車だともっと入ることが出来たが、多分1250mぐらいまで入ったと思う。余りにも帰りが遅いのでメンバーは心配して林道を登って様子見にきていた。支流のすぐ先には車を数台分は留めることができるスペースがある。沢は癒やし系だが、ちょこっとピリ辛な所がある。グレードは!☆?、それよりもちょっとは難しいかもしれない気がする。誰か行って教えてください。ネットでは記録が1件出てきたが、それを見て行ったのだが有り難うございました。

DSCN0499
支流を下り始めると

DSCN0500
すぐ上二股沢川に出る。

DSCN0501
入渓から癒やし系の感じだ。

DSCN0502
泳ぐと寒いのは目に見えているので巻く。

DSCN0503
DSCN0504
暑かったら泳いで取り付く所がふんだんにある。

DSCN0507
流木があるところを簡単に登ることができる。

DSCN0508
普段より水量が多いかどうかは?。

DSCN0509
滑めも続くんです。リーダーのMキ。

DSCN0510
今回はSLのHッキー。

DSCN0511
DSCN0512
晴れていれば申し分ないんですけど、時たまパラと来ました。

DSCN0515
DSCN0516
水は綺麗です。釜は沢山ありますが、魚影は見当たらなかったです。

DSCN0517
Lの夫、Yさん流木を使って簡単に登っていきました。

DSCN0519
後続はお助けを出して貰って簡単に。

DSCN0520
DSCN0521
DSCN0523
登ることのできない滝が出てきました。

DSCN0524
右岸の急なルンゼをHッキーが左側から攻めますがダメで

DSCN0527
今度はUさんが右側から攻めます。ここしか登るところはありません。
今回の核心です。

DSCN0532
Uさんはロープを30mちょい伸ばしてハーケンで支点を取り後続を上げます。ぐいぐいと引っ張ってくれるので後続は楽でした。さらに泥ルンゼを20mぐらい登って安全なところに出ます。ロープは30mを1本しか持って行かなかったのですが、パーティが6人だったのでもう1本有ると楽だったです。ラグビーボール大の大きさの落石があり、足したシュリンゲに当たりました。基本、下にいてはダメです。

DSCN0534
DSCN0535
右側から行きます。

DSCN0537
水に浸かって左側から。

DSCN0540
右側から登れます。

DSCN0541
お助けを出してくれると素直に使います。

DSCN0542
二股です。スマホを見ると1227mの高度でした、右側を行きます。

DSCN0543
雷がゴロゴロ鳴っているのに蕗取りです。早く行きたいよー、でも良い蕗でした、帰って翌日に食べましたが、固くは無く美味しかったです。

DSCN0545
まだ沢は続きますが林道が見えたので上がります。

DSCN0547
林道に上がると被っていましたが、

DSCN0549
すぐに開けた林道に出ます。車を置いたところまで土管から8分で行きましたが、ここまでは車で来れます。良い沢でした。

9:35上二股沢川支流へ下りる~9:40上二股沢川に入渓~16:10林道に上がる。

2019.07.14 山行企画部山行・泥ノ木川

連休は3パーティー・15人で戸蔦別川の3ルートに分かれて入る予定だった。しかし雨が続き入渓が困難と判断し、各パーティがそれぞれ別の沢を決めて山行をした。一泊組は雨を避けて泥ノ木川の日帰りに転進した。

DSCN0463
林道の終点に付くと先客が、スマイル・マウンテン・クラブの2名だった。お陰で車を回さなくて良くなり感謝。

DSCN0464
駐車地点からすぐに入渓し導水管の下を行く。

DSCN0465
入渓をしてすぐに大滝が見えてくる。

DSCN0466
滝は左側、右岸を簡単に上ることができる。スマイルのメンバーは一人右側から。

DSCN0467
S崎嬢。

DSCN0469
新人のT本さん。
DSCN0470
DSCN0472
リーダーが付き添って足の置き所をレクチャー。

DSCN0473
左側を登るのはS崎さん。色々とルート取りはできる。

DSCN0474
難しさは全くなく癒やし系の沢。

DSCN0476
左側の棚を腹ばいで進んでいる写真を見たことがある所。各自のルートで行く。

DSCN0477
リーダーがしっかりとしていると、新人のケアーが安心。リー-ダーはMキ。

DSCN0479
DSCN0480
沢を慣れてくると色々とルートを取りたくなる。
でも落ちればドジ、落ちなかった。

DSCN0482
新人のへつりの練習にはなる。

DSCN0483
KPonは中を。

DSCN0484
泳いで取り付けるかなぁと、でも無理でした。登れません。

DSCN0486
サカサ沢に入ってすぐの滝。右側、左岸を上ることができます。

DSCN0487
A藤さんが何回か来ているので、我々はサカサ沢に入らず直進、すると三段のの滝が。どんなもんか登ってみますが、最後の滝が登れません。手前の左側から巻きます。

DSCN0488
しばらく行くと大滝が。

DSCN0491
泥ノ木川はこの滝を見ずしてはいけません。
スマイルのメンバーに撮って貰いました。

DSCN0494
左側の草付きを林道に上がります。草付きは急で滑るのでロープの要望有り、使うメンバーもいました。林道から写した大滝です。

DSCN0496
林道に配車してあったスマイルのMさんに駐車地点まで運転手を送って貰いました。
有り難うございました。ゆっくりゆっくりの山行でした。
9:20入渓~13:05大滝~14:15林道配車地点

2019.05.18芦別岳本谷

運営委員会企画がY子さん企画に変わったらしい、その自主山行にKぽんを除いたGW山行のメンバーが集まった。この時期の芦別岳の本谷は楽しい。軽い緊張感と少しの体力&また正しいルート取りの勉強にもなる。

DSC01118
旧道登山口に車を1台デポ、早々と5時に出発する。
1稜パーティ3人が先行。

DSC01119
旧道コースは年々荒れてきている。

DSC01121
ユーフレ小屋の手前の定番の渡渉、今年は飛び石で行けなく丸太を跨いで渡った。
この丸太は3~40年前からお世話になっている。

DSC01122
ユーフレ小屋に到着。これも古く1960年に建てられたらしい?。
1稜パーティに追いつく。

DSC01123
小屋から本谷に向かうと雪渓が出てくる。

DSC01124
やがて沢一面に雪渓になる。

DSC01125
ゴルジュに到着、まだ開いていない。開いている場合は手前右側のロープの所を登る。

DSC01126
インゼルが沢の真ん中に、インゼルとは島のこと。

DSC01127
支沢からの雪崩の押し出しが。

DSC01129
第一の間違えやすい所。デブリでは無く、岩を回り込んで行く。ここの手前でも左側の斜面を間違って行きやすい。ここは真夏でも大量に雪が壁を作っている。写真は1稜パーティのメンバー。

DSC01133
第2の間違えやすい場所が見えてきた。初めての人やガスっている時は右側の雪渓に入り込んで北尾根に上がりやすい。

DSC01135
左側の雪渓に入り狭い雪渓を行く。

DSC01136
1稜を左に急斜面を登っていく。今日は条件が良い。
以前はカリカリの斜面の時もあった。

DSC01137
斜面がカリカリの時は滑落してヘリコプターのお世話になる人が過去には何度かあった。

DSC01138
稜線に到着。手前でジグを切って登っている後があったが、見ると爪の後が。あぁ、熊もジグを切って登るんだと感心。

DSC01140
ポントナシベツ岳の向こうに、GWに登った夕張マッタホルンがチラッと頭だけ見える。

DSC01141
芦別岳頂上。ずーっと山行は天気に恵まれ続いている。
善男善女の7人。

DSC01143
芦別岳からの下降、今回も下山の時には行者ニンニクを沢山取ることができました。

5:00旧道登山口~7:00ユーフレ小屋~11:20頂上11:50~14:55新道登山口

2019.05.11中山峠~喜茂別岳1176.8m~1258m峰~中岳~無意根山1460.2m~薄別登山口

車を元山まで回すのも面倒なので、薄別登山口に車を一台デポして中山峠に向かいました。パーティは30歳成り立てと50台60台70台、内男性1名の年齢構成、中央ならでは?。

DSC01077
駐車場から中継所への道路を行きます。最初は雪が無かったですが、すぐ出てきました。

DSC01078
1時間ほどで無線中継所?が見えてきます。

DSC01079
無意根山も木々の間に見えるのですが、ぐるっと回り込むことになります。
白樺の林が続いていました。

DSC01080
広い緩やかな左の喜茂別岳に向かいます。右は1258m峰。

DSC01081
無意根山がはっきりと見えてきました。今回はアイゼン&ワカンを持ちましたが、使いませんでした。

DSC01083
喜茂別岳の頂上稜線は長いです。

DSC01084
雪渓を右側から回り込んで、笹藪を3~4m漕いだらちょうど頂上1176.8mに出ました。

DSC01085
まだまだ無意根山は遠いです。

DSC01086
ここから見る羊蹄山は本当に秀峰ですね。

DSC01087
1258m峰に向かいます。個人名が山の名に付いているようですが、余り好きではありませんので使いません。

DSC01089
1258m峰から中岳に向かいます。

DSC01091
ちょっとハイマツを漕いで近道を。雪渓を回り込んで行けば漕ぐ必要はありません。

DSC01092
中岳は雪の付いているところから登れそうに見えましたが、近づくと雪渓の口が開いていましたので、左側の草付きから登りました。

DSC01095
草付きを登ってきます。

DSC01094
登ると山鳩が動かないでずーっといました。巣でもあるのでしょう。

DSC01097
浅いハイマツを踏んで

DSC01099
中岳1387.5m頂上です。頂上看板は今年の3月に立てられたそうです。

DSC01100
中岳頂上からの無意根山です。

DSC01101
頂上から歩いてきた方向です。

DSC01104
ここを登りました。簡単です。

DSC01105
中岳を振り返りました。

DSC01107
無意根山に向かいます。風の強い所もありましたが弱く、良い天気です。
最近の山行日は天気に恵まれています。

DSC01109
京極の揚水ダムの貯水池でしょうか。

DSC01110
今日の4座目の無意根山です。北広島高校の生徒が10名ぐらい登ってきました。
その高校生にシャッターを押して貰いました。孫みたいな高校生が山をやるのは嬉しいですね。

DSC01112
無意根尻小屋に向かいます。今日登った登山者は皆、元山コースから登ってきたみたいです。無意根尻小屋からのトレースはありませんでした。

DSC01114
小屋上の急斜面をまっすぐに下りました、写真には出ませんが本当に急です。慣れない人は要注意です。上部は少し堅かったです。この後、また行者ニンニクが。

DSC01115
春の無意根尻小屋です。

DSC01116
宝来小屋に出ないで林道に直接出ました。

DSC01117
駐車地点に着きました。朝は第一ゲートに車が1台留まっていたので、考えないでそのまま留めましたが、帰りに気がついたのですが、ゲートに鍵はかかって無く上の駐車場に車が数台留まってました。余分な歩きをして時間がかかりました。また春の薄別コースは分かりずらいですね、シャンツェも急でした。元山からのコースが多いのも分かります。今回のコースを歩いてみて、距離は長いですが近場の春山のつぼ足コースとしては最高のコースだと思いました。

6:40駐車場発~7:35無線中継所~9:15喜茂別岳~10:00 1258m峰~11:15中岳~12:25無意根山12:50~13:40無意根尻小屋~14:25林道~15:30薄別登山口

 

2019.04.27~29吉凶岳(1208.4m)~1415m峰 山行部企画山行

新人二人を含めて総勢8名で通称夕張マッターホルンと言われる1415m峰に行って来た。今回は吉凶岳を越えて幕営、日帰り装備でピストンし往路を戻るルートを選びました。

DSC01009
地図上の「十無別第一号橋」の先に雪の塊がありましたが、除雪をして進むと、

DSC01010
途中に雪はあったものの、羽沢橋(橋には羽衣橋と)から1.1キロ地点までポントナシベツ川の林道を入ることが出来た、ラッキーだ。

DSC01011
桔梗川を渡渉し北東尾根を登る計画でしたが、渡渉しなくても途中から取り付ける尾根を探しながら進みましたが、桔梗橋に着いてしまったので当初の計画通りになりました。

DSC01013
二股に着くと、十分に渡れる水量だったので、

DSC01014
裸足のメンバー、また登山靴にゴミ袋のメンバーも、それぞれで。

DSC01017
靴中を濡らしたメンバーもいましたが渡ることが出来、尾根は最初は急でしたが

DSC01018
広い尾根に変わってしばらく続きます。

DSC01022
987m標高点手前から尾根が少し狭くなり雪庇も出てくるが、問題はありません。

DSC01023
987m標高点からの登り。

DSC01026
吉凶岳頂上、先に着いたメンバー。雨も雪にもあたらず、まぁまぁ天気は持ちました。

DSC01027
頂上の三角点。

DSC01028
朝のテン場からの夕張岳。夕べはH子さんがテント近くで行者ニンニクを取ってきたので塩ゆでをして食べましたが、今年の初物は美味しかったです。さすが山菜採りの名人です。

DSC01029
朝のテン場からの1415m峰。夜は星空でした、地震もあったとか、眠れなかったはずなんですが気がつきませんでした。

DSC01031
後ろが頂上です。頂上下にテントを張りました。

DSC01033
テン場からの急斜面を下ります。当初、吉凶岳を越えてコルにテントを張る計画でしたが、帰りにこの斜面を重いザックを背負うのはキツいので頂上下にテントを張り正解でした。又コルは熊の通り道でした。

DSC01034
朝陽に当たる夕張岳

DSC01035
朝陽に当たる1415m峰と右に芦別岳

DSC01036
やはり登りたくなる山ですね、皆。

DSC01037
下ホロはどこから見ても分かるので、山座固定には都合が良いですね。

DSC01040
左の1327m峰は登らず巻きます。

DSC01042
1415m峰に近づくにつれ迫力が増してきます。
急だな~。

DSC01044
1415m峰の登りです。新人?56~さんは余裕です、いやぁ、体力もスピードもありました。

DSC01046
一応ロープを張ったのですが、使うメンバーはいませんでした。
というか、意思の不疎通?。

DSC01047
本当に急斜面でした、樹があるからまだ安心です。

DSC01049
もうすぐ頂上です。

DSC01052
最後に上がってくるのはでしょう?。

DSC01054
頂上での全員写真です。

DSC01056
ここにも三角点が。

DSC01057
芦別岳方向です。360度、大展望台です、素晴らしいです。

DSC01059
三角点から見た頂上です。奥は夕張岳。

DSC01060
左が吉凶岳です。これ以上の天気はありません、今日が最高の天気です。

DSC01061
新人のかまPonです、体力も付きましたよ。

DSC01062
下りはロープを張り、カラビナを通して安全に下りました。

DSC01063
登るルートは正面しか無いですね。

DSC01065
1303mから下りて吉凶岳へ向かいます。

DSC01068
テントを撤収して出発です、頂上まで1分です。

DSC01069
頂上から南峰を望みます。

DSC01071
頂上からの下降です、今日も天気が良いです。1146m峰が迫力があります。

DSC01072
帰りもそれぞれの方法で、この後に水に浸かる人もいます、沢登りには早いです。

DSC01075
車置き場に着きました。車が1台留まっていました。足跡も無かったし山菜採り?
帰りは早かったです、3時間で下りることが出来ました。このルートはもっと使われても良いかもしれませんね。巻いた1327m峰、1300mもあるなら登ったら良かったかもと思い、後悔してます。

27日 9:25車置き場発~10:35桔梗橋~15:30吉凶岳
28日 5:10テン場発~8:25 1415m峰基部8:40 ~10:00 1415峰頂上10:40
~11:50基部~14:50テン場
29日 5:15テン場発~7:15桔梗橋~8:15車置き場

2019.04.04~05 十勝岳(1456.6m)~楽古岳(1471.4m)

年代は各自大幅に違うが同じ4月生まれ、また血液型も同じ3人が昨年に続き誕生日山行を南日高の山でしてきた。今年は更にruiの結婚のお祝いが重なり楽しくも厳しい山行になってしまった。

DSC00926
ルートは翠明橋公園の目の前にある尾根を登ることから始まるが、最初から急傾斜の取り付きだった。少し歩いてみて埋まらなかったので、つぼ足で行くことにした。

DSC00927
急斜面を登り切ると今度は痩せ尾根が続く。天気が良く晴れ渡り風も無い、最高の登山日和だ。

DSC00930
向こうは豊似岳の方だろうか稜線が見えてきた。

DSC00932
何ヶ所か稜上を行けずトラバースをしなければならない箇所も。

DSC00934
十勝岳、右奥に楽古岳も見えてきた。主稜線はまだまだ遠い。

DSC00936
サラサラだった雪もアイゼンに団子状になってくる。

DSC00937
出来れば十勝岳を越えてテントを張りたいと考えてきた。

DSC00938
登ってきたルートを振り返る。アップダウンが多い。

DSC00939
支稜とはいえ、やはり日高っぽい。

DSC00940
オムシャヌプリ(双子山)が。

DSC00942
少し休憩、まだまだ余裕。

DSC00944
1200m地点の樹のある所にテントを張ることにしました。

DSC00945
この斜面を削り、

line_460332737716078
立派なテント場が出来ました。風も当たらず暖かったです。ruiの写真です。

DSC00947
Y子さんがケーキを持ってきてくれました。

DSC00950
天気は下り坂なので3時半起床、用意ができ次第出発。

DSC00951
朝陽が当たって来ました。

DSC00952
ピリカの方まで見えました。

DSC00953
風も弱いんです、何も問題はありません。

DSC00954
楽古岳の方からご来光です。

DSC00957
やった~、十勝岳山頂です。

DSC00959
朝陽も上がります。

DSC00960
天気は予報では下り坂ですが、山を前にしては行かないわけには行きません。

DSC00962
北側の主稜線です。

DSC00963
十勝岳を下っていくと

DSC00964
巻かねばならない所も出てきます。アップダウンもあります。楽古岳の登りまでは晴れていたのですが、

line_460334159027848
風が出てきて視界が悪くなりました。この写真はruiカメラです。自分のはシャッターが落ちなくなりました、設定がズレたようです。十勝岳→楽古岳は3時間で来たのですが、楽古岳→十勝岳は強風&吹雪&視界無く、難儀しました。GPSの電池も無くなり電池交換してやっと位置確認、十勝岳→テン場も30分で登ったのに下りでも1時間、テン場もやっと見つけました。こんなに天気が悪くなるとは思いませんでした、油断しました。テン場からの下りも難儀、翠明橋公園に下りると雨でした。楽しくも厳しい山行でした。ruiはチロロには行ったことがあるようですが、本格的な日高デビューの山行でした。

4日 8:40翠明橋公園~14:10 1200m地点幕営
5日 5:30幕営地発~6:00十勝岳~9:00楽古岳9:05~12:45十勝岳
~13:50幕営地14:10~18:00翠明橋公園

2019.03.23増毛天狗岳

今流行の増毛の天狗岳に行って来た。大別苅林道と岩尾温泉からのルートがあるが、長い林道歩きも嫌なので岩尾温泉から行って来た。

DSC00879
林道入り口に車を置かせて貰いスキーで出発。ルートは二通り考えられたが、雪が少ないのでリーダーのMキ案で行く、結果的にこれが一番良いルートだった様に思う。

DSC00881
すぐ橋を渡るが途中までは増毛山道なので、増毛山道の起点標識の1番がある。

DSC00882
雪があると何処が山道か分からない。

DSC00884
岩峰が見えてきたが岩尾天狗?。

DSC00886
山道から477.4mの尾根に上がり行く。下を巻く者、上を行く者、それぞれ。

DSC00885
木々が邪魔になるほどでは無い。

DSC00887
この先が急傾斜になってくる。

DSC00890
出だしの新雪の下が、凍っていたのでアイゼンに履き替える。

DSC00891
思ったほどの急傾斜が続く訳では無かった。
またつぼ足でも十分だった。

DSC00893
急に吹雪き模様になってきた。

DSC00894
尾根は最高点の左側に出るので、登り切って最高点に。

DSC00898
上がると更に高そうな所が。

DSC00896
DSC00900
最高点973mのピーク、増毛天狗岳と呼んでるらしい。地図では台地状の三つのピークを指して天狗岳。

DSC00901
雄冬山が雲に霞んでいます。

DSC00902
岩尾天狗岳944.3m

DSC00903
右側の方がもう一つの三角点のある山。行く気が起きないなぁ。

DSC00908
「岩尾天狗どうする?行く?行かない」「どっちでもいい」「コルまで行ってみる?」「コルまで行ったら頂上だなぁ」ということで、岩尾天狗岳に向かう。

DSC00912
岩尾天狗岳頂上

DSC00913
今度は雄冬山がちゃんと見えてきた。

DSC00914
先に登った増毛天狗岳が見えてます。

DSC00919
帰路に見えた岩尾天狗岳と増毛天狗岳。標高が低くてもいい山ですね。

8:15林道入り口~12:00最高点973m~12:30岩尾天狗岳944.3m~14:40林道入り口

2019.03.16~17浮島峠~天塩岳1557.7m~前天塩岳1540m

山行部企画山行は2パーティ10人の参加でした。1パーティは天塩岳まで、1パーティは前天塩岳まで行く計画。

DSC00794
早朝に札幌を出発、浮島まで高速を使えるので時間はかからなかった。駐車場に車を置き、林道を歩き始めてすぐの最初の沢から尾根に取り付く。

DSC00796
急傾斜の部分は有るが、割と登りやすかった。

DSC00797
稜線に上がりきると向かう天塩岳が遠くに見えた。

DSC00800
1003mポコの登り。林道から稜線に上がりきると立派なトレースが1003mポコまで着いていた。後に外国人のスキーヤーが上がってきたのでここから滑るようだ。

DSC00801
浮島湿原と向こうにチトカニウシ山。2016.12.29~30日に北見峠から浮島峠まで縦走してきたことがある。

DSC00803
笠山1282.8mの笠山が見える。笠山への分岐からはすぐだが、今回は時間が無かったの計画には無い。

DSC00812
笠山分岐から1221mに進み、1179m、1194mを1221mまでショートカットして行く。

DSC00814
1247mへの登り、sw田パーティはこのコルにテントを張るという。我々はもう少し進むことにする。

DSC00816
1247mから下って1186m手前のコルにテントを張ることになった。
テントに5人で狭かったが、風も当たらず暖かい夜だった。

DSC00818
テン場から出発して、やはり1186mもショートカット、

DSC00819
天塩岳を目指す。

DSC00822
風も無く穏やかだ。

DSC00824
sw田パーティも追いついてきた。が、我々の前に出ることは無かった。そんなに謙虚で無く、先に行っても良いのに。

DSC00826
1470mを目指して。

DSC00828
天塩岳が大きく、右側が一ノ沢。

DSC00830

DSC00832
スキーでも行けそうだがアイゼンに履き替え、寝袋等泊まり装備をデポし荷を軽くして手塩岳~前天塩岳に行くことにする。

DSC00833
sw田パーティも合流。

DSC00834

DSC00837
向こうに避難小屋が見えるが、小屋は出ているようだ。

DSC00841
天塩岳頂上着。

DSC00843
二パーティの合流写真

DSC00847
これから向かう前天塩岳、前天塩岳の記録は少ない。

DSC00848
コルに下りてから天塩岳への登りはリーダーのMきが飛ばしていく。

DSC00851
吊り尾根の向こうに天塩岳。

DSC00854
ハイマツで足が抜かる、スキーでも問題は無かったようだ。標識が出ていたのでいつも風は強いのだろう。

DSC00859

DSC00865
向こうに見える台形の山は渚滑岳だろう。遠いなぁ。

DSC00867
ここでも360度の展望、天気が良く気持ちが良い。

DSC00870
前天塩岳から天塩岳に戻ると、南富良野から来たスキーヤーがいました。頂上から左側に少し下り滑ると、沢までまっすぐ滑ることが出来ると教えてくれました。

DSC00872
デポ品を回収、尾根を下りたsw田パーティのトレースを追う。

DSC00875
上部は風が出てきたが、下がると無くのんびりしながらシールを外す。

DSC00876
渚滑まであの稜線を歩いてみたいなぁと。

DSC00877
尾根の下降は新人が難儀して、やっと沢床に下りることが出来た。

DSC00878
下りはちょっと時間がかかりました。でも、新人のN村さんは頑張りました。
sw田パーティの新人KM田さん&KJ田さんも頑張りました。
天気に恵まれ良い企画山行でした。

16日 9:15浮島峠駐車場発~10:30稜線~13:00笠山分岐~15:30 1186m手前のコル
17日 6:15テント場発~7:50 1470標高点8:15~8:35天塩岳頂上8:45~10:00前天塩岳頂上10:15~11:35天塩岳~16:20林道入り口