2018.11.13 乙部岳

先月に軽登山企画の平日ヤンカ山&乙部岳企画に行ってきました。遅れましたがアップします。前日のヤンカ山は写真を撮りませんでしたので、アップは出来ません。ヤンカ山登山後にオボコ山の家に宿泊し翌日登山口に。オボコ山の家は結構快適でした。平均年齢は70歳のじじばばパーティ、のんびりとワイワイのおしゃべり山行です。

DSCN0323

DSCN0324
今回は尾根コースから沢コースを周回しました。

DSCN0325
気持ちの良い尾根を歩きます。

DSCN0329
618mから九郎嶽社本殿と連絡路への分岐があります。

DSCN0328
ちょっと本殿に行ってみました。

DSCN0330
登山道は手入れされています。笹苅は大変だったと思います。

DSCN0333
左側にドームのある乙部岳が見えてきました。

DSCN0338
遠くは遊楽部山塊でしょうか。

DSCN0342
尾根を上がりきると気持ちの良い稜線です。

DSCN0344
振り返ってみました。

DSCN0346
頂上ではのんびりと。

DSCN0347
今回のうるさ型メンバー。

DSCN0351
稜線から沢コースに下り始めの急傾斜は竹で歩きづらかったです。笹刈りは本当に大変だったと思います。

DSCN0353
沢に合流しました。

DSCN0354
行者洞と呼ばれる岩穴です。
道南は天気は良く楽しいハイキングでした。

2018.12.02 十勝岳 企画山行

運営委員会企画という氷雪入門後のフォロー山行、26歳から70歳までの幅広い年齢の18人が参加しました。

DSCN0393
望岳台の駐車場に前泊し、各パーティーに分かれて盛り上がったようです。
今回はスノーシューかワカン、一人だけスキー。

DSCN0394
2年前のフォロー山行に比べて雪は多いが、風が弱い。

DSCN0395
18人が交代でラッセルなのできつくは無いが、

DSCN0397
雪が深かったので、非難小屋まで2時間近くかかってしまった。

DSCN0398
小屋を過ぎ尾根の取り付きでアイゼンに履き替え尾根を登り始める。

DSCN0400
下の方は視界が良く見渡せるのだが、

DSCN0401
上の方は段々と風が強くなり、視界が悪くなってきました。

DSCN0402

DSCN0403
スリバチ火口横で休憩して身支度を整えます。2年前は多くのパーティーが風が強いのでここで引き返しました。今年は随分と風は弱い。ピースサインも出ています、余裕。ここから旭川労山の単独の方と、一緒に登りました。

DSCN0405
デポ旗を沢山打ち高みを目指します。アイゼン山行らしい雪面が続きます。

DSCN0408
頂上手前、後20m。

DSCN0409
左から二人目が新人のK・Mちゃん。条件が良くて?良かったね。

DSCN0411
下山してくると天気の回復してきました。帰路の車中では、山は晴れ見渡せました。
もっと早く回復をすれば良いのに。
6:30望岳台~7:45避難小屋~11:30頂上~14:00望岳台

2018年9月 ネパール チャンワタン6130m

ネパールのフムラ地区、カトマンズから最も遠いエリアになる。中心都市はシミコット、西のアピやサイパルもシミコットから行くことになるが、今回、我々はシミコットから北上しチベット国境近く極西北のチャンワタンに向かった。2000年に大阪山の会の大西隊が初登頂(故:大西さんとは2009年にドルポを横断したときにシェィゴンパでお会いし酒を飲んだ)、2011年にフランス隊が登っている。が、詳細は分からない。フムラは6000m前後の山は沢山るが、登山許可峰と名前の付いている山は少ない。シミコットを出てシミコットに戻るまで24日間、ネパールの人以外には会うことは無く静かな山旅を楽しんだ。カトマンズから遠いこと、メジャーな山が無いこと、費用が高くつくことで見向きもされないのだろう。

チャンワタン行程地図
当初の予定はチャンワタンを登った後にニンコーラを下り周回するつもりだったがタクチェから名の無いコーラに入り周回してシミコットに戻った。(写真は武部さん提供)

チャンワタン6125m頂上2018年9月13日
頂上写真。中央は隊長の日山協・岡山岳連の武部さん65歳、右はサーダーのアンダワ47歳。自分は2014年と2015年のランタン・リ(ネパール)、2017年ヤズギルサール(パキスタン)と最近は頂上に見放されていたので久しぶりの頂上だ。1982年11月1日~2日で9名が初登頂した地区連盟のカータン峰登山、前年の1981年に当時北稜クラブの会員Kさんとカータン峰を二人で偵察をしてから、多くの海外登山&トレッキングをしてきたが70歳の節目に頂上を踏めて感慨深い。

DSC00342
カトマンズからネパールガンジまでの600㎞を、我々は車で二日かけて行き、ネパールガンジからからシミコットまでフライト、便数は多いが乗客はインド人ばかり。

DSC00350
シミコットではヘリ5機がフル回転でインド人を、チベットとの国境ヒルサまで運んでいく。インド人はカイラスへの巡礼、ヒルサからカイラスは近いが、歩けないインド人は車で行く。ウエアーは皆お揃いだった。

DSC00352
シミコットの街全景2985m
DSC00356
シミコットからは広い路を行くことになる。車が通れそうだ。周回してシミコットに戻ったときは車が走っていたの。

100_0189
1日目のテント地、ネパールスタッフの手違いで最後は藪漕ぎをしてテント地へ。夕方になると雨が降り出す、モンスーンが明けてないらしい。我々のキャラバンはカッチャル(馬の雌にロバの雄を掛け合わせたもの)を10頭使った。

DSC00364
ケルミまでは電気も通っている。
DSC00370
この峠を超えるとヒルサへの路から離れてサリコーラに入る。
DSC00374
サリコーラへ入っていく。上に見える道路行くことになる。

DSC00377
早々と高地から下りてきたヤクの集団。

DSC00381
テントを張ると放牧民が寄ってくるが、時にはテント場代を請求される。。

DSC00387

DSC00400
4400mのテント地。シミコットは2900mだが4日目には4000mを超、4000mを下がることは無い。どんどん高度が上がっていっても我々二人は高山病の症状は出ることは無かった。

DSC00421
山を下りて低地に向かう放牧の集団。

DSC00408
ナャルラ5001mの峠を越え下っていくと、天気の様相が変わってきて青空が広がっていく。

DSC00424
湖の向こうに自動車道が見える、中国の援助だろうから我々は中国道と呼んだ。

DSC00425
渡渉も何回かするが水が冷たい。

100_0242
タクチェでは新しい橋は使われず.古い橋を使っていた。渡ってテントを張ったが、

DSC00441
夕方に突然トラックが現れネパール人が大勢乗っていた。チベットの国境ラプチェから来てザングまで行くという。シミコットまで道路が開通するのは近いのでは無いだろうか?。もうネパールには秘境とか辺境は存在しないとつくづく感じた。

DSC00451
中国道をショートカットしながら行くと休憩所?まであった。

100_0253
中国道を
100_0259
歩いて行き(高度は4500mぐらい)

DSC00480
コーラを間違えないようにタイソルコーラに入っていく。

100_0279
タイソルコーラではGPSと地形図で現在地を確認しながら進む。
高度は5000mぐらい

DSC00485
タイソルコーラに入ってやっとマニ石にお目にかかれた。チベット圏に入ったとの実感が沸く。

DSC00527
カッチャルのことを考えて、水と草のあるタイソルコーラ5367m地点にBCを設ける。二日間荷揚げを行い、シミコットを出て初めてアタック前に一日の完全休養日を設けた。
DSC00530
ハイキャンプ5688mとチャンワタン。雪の少ない時期なのか雪線が高い、BCからハイキャンプまでは慣れると2時間ぐらい。

DSC00534
雪線から上がっていく。

DSC00537 DSC00538 DSC00553 DSC00557
行って分かったことだがチャンワタンは山の難しさは無い、高度順化が出来ある程度技術があり、時間をかければクライミングスタッフを使わなくても十分登れる山だ。BCに下りてから馬方が寒いというので休養びを設けないで下山、結局シミコットからシミコットまで24日間の内、全日休んだ休養日は一日だけだった。

DSC00601
タクチェから入ったコーラは4500m位の高度だがまだ草が青く、遊牧民のテントが幾つかあった。我々はこのコーラを大西コーラと呼んだ。

DSC00619
コーラの奥には2017年兵庫労山が目指したニャレクが美しい姿を見せていた。登った未踏峰というピークは何処か分からなかった。

DSC00624
ニンコーラへ向かう峠に向けて急な斜面を登っていく、800mの登り。

DSC00626
歩いてきたコーラ

DSC00635
勝手に大西ラと呼んだ峠5462m。

DSC00638
ニンコーラに下っていくとチャンラヒマールの山群が見えてくる。

DSC00666
ニンコーラではまだまだ山を下りないで放牧が続いている。
先日ヨーロッパ人が見えてる三角錐の山を登りに行ったと放牧民の話。

DSC00668 DSC00670
放牧をしている人はドザムの住民が多い、ライ族が多かった。

DSC00682
蜂蜜の巣箱

DSC00688
ドザムの街は立派な家が多く裕福そうだった。

DSC00698
比べてドザムを過ぎると昔ながらの集落が(振り返って写した写真)

DSC00697
この集落の学校に会の澤井さんが集めてくれたボールペンをプレゼントした。
ちょうど朝礼にぶつかり全員に行き渡り感謝されました。

DSC00699
24日目にやっとシミコットの街が見えてきた。最後は雨に打たれながらロッジに着き山旅を終えた。

 

 

 

 

2018.07.26~27 新信砂川~暑寒別岳~箸別コース

暑寒別岳の遡行対象になる沢は、ポンショカンベツ川、暑寒別川、新信砂川、恵岱別川等があるが、未だ新信砂川だけは遡行してなかった。今回新信砂川を若者二人と遡行することが出来た。札幌を朝に発ち箸別小屋に車を1台デポ、道道94号線から新信砂に向かい林道に入る。林道のゲートは壊れて開いていて途中まで行くことが出来、駐車できるように草木が刈られている。

DSCN0260
15分ほど歩くと林道は無くなり入渓する。水は澄んでいて綺麗だ。

DSCN0261
沢の途中では大きな鉄骨が何本かあったが、大きな砂防ダムが現れてきた。昭和55年に出来たらしい。

DSCN0264
川は単調な河原が続き、天気が良く暑いのが応えます。

DSCN0267
やっと沢の様相になってきてほっとします。

DSCN0270
小さなゴルジュ模様の所はAさんが左側をへつり、飛び込んで滝口に。そこから上がりました。

DSCN0274
我々も泳いで滝口へ行き、お助けを出して貰い上がりました。
はい、世代交代です。沢は結構滑るので小生は何度か転び、Iちゃんも転んで少し
膝を打ったのでゆっくらゆっくら570m二股へ。

DSCN0279
テン場に良さそうなところは少ない沢です。570m二股でもここしか無かったようです。イタドリが生い茂ってましたので増水でも大丈夫です。沢は焚火と酒と星空&自然の恵みです、快適でした。
朝のデカ&チビ(ゴメンなさい)のコンビです。

DSCN0281
巨岩帯が出てきました。Iちゃんにはちょっと辛いかも。

DSCN0282
苔むしていい感じです。

DSCN0283
暑寒別岳が見えてきました。

DSCN0287
Aさんは何でもトライです。

DSCN0288
ここはどうしようか、泳いで取り付こうか、悩みましたが巻きました。後で上から見たら登れそうでした。

DSCN0289
Aさんは中を、我々は上の段を。

DSCN0291
ちょっとだけ滑っポイところが。

DSCN0292
雪渓が出てきました。

DSCN0293
巻けそうもなかったので、急いで潜り抜けました。

DSCN0294
この滝は右側を。

DSCN0297
10mぐらいの滝が出てきました。左側から巻きました。

DSCN0298
小滝が続きますが皆登れます。
DSCN0299

DSCN0300
沢が開けてきました。

DSCN0308
上部二股は右を行き、すぐ左の涸沢から登りやすい石のある方に出てカール状になったお花畑を行きます。

DSCN0310
南暑寒別岳も見えてきました。

DSCN0312
歩きやすい方歩きやすい方に上っていくと、南暑寒別岳への縦走路に出ました。頂上に向かいます。

DSCN0314
頂上ではトンボの群舞に迎えられましたが、箸別コースの下山は蚊に刺されまくりました。新信砂川は長い沢でした。

26日 9:40林道途中駐車~9:55林道終点から入渓~10:30砂防ダム~15:50 570m二股
27日 5:20テン場発~10:05 1150m二股~12:00頂上12:30~16:05箸別小屋

2018.07.17~19 銀泉台~白雲岳~忠別岳~北海岳~黒岳

大雪のお花を見に、その中でも今回は長之助草をメインに尾根歩きをしてきました。
ずーっと雨が続いていましたが我々の出発日には天候が良くなり、山行期間中は好天が続き夏尾根を満喫してきました。

DSCN0134
層雲峡にC0、朝6時のバスに乗り銀泉台に。

DSCN0137
雪渓を幾つか超えると

DSCN0139
駒草平に着き

DSCN0142
駒草が迎えてくれました。駒草はこれからも至る所で咲き誇っていました。

DSCN0145
赤岳への登りにかかり

DSCN0148
赤岳山頂へ。

DSCN0146
赤岳の三角点は頂上から離れたところにあります。

DSCN0151
ありました長之助草が、小泉岳への途中です。

DSCN0154
小泉岳の分岐から白雲小屋の方へ行かないで、緑岳方向に向かいます。

DSCN0159
緑岳への途中にも長之助草が沢山ありました。
緑岳への分岐から白雲小屋に向かいます。
我々はテント泊まりでしたが、久しぶりに知り合いの山屋さんに何人か逢うことが出来ました。

DSCN0165
翌日忠別岳に向かいます。高根ヶ原はちょっとガスが。

DSCN0163
高原沼が朝陽に輝いています。

DSCN0166DSCN0167
急ぎません、ゆっくりゆっくり、のんびりのんびりです。

DSCN0172
忠別沼のお花畑も見事でした。

DSCN0174
忠別岳の登りです。Kさんは行かないで忠別沼で詩吟を唸っていました。

DSCN0175
忠別岳の頂上です、頂上では曇っていました。

DSCN0176
DSCN0179
DSCN0183
三日目、白雲小屋を後にします。

DSCN0185
白雲岳に向かいます。

DSCN0186
あれは何処の山? 気持ちが良い。

DSCN0187
こう見ると忠別岳も遠いですね。

DSCN0191
北海岳に向かいます。

DSCN0192
北海岳の登りは緩いです。自分がここを歩くのは何十年ぶりでしょう。

DSCN0194
北海岳から黒岳に向かいます。

DSCN0196
DSCN0200
赤石川はちょっと増水してましたが渡れました。
桂月岳をついでに登りました。

DSCN0201
桂月岳からの眺望です。

DSCN0204
黒岳からの下りもお花が満開でした。下りでH子さんは、昨年に続き今年もまた以前屋久島でお世話になった人に逢いました。奇跡に近いですね。S井さんは体力がありますね。とにかく話題の絶えない楽しい三日間のお花見山行でした。

2018.07.22 中天狗1316.8m

長い間懸案となっていた芦別の中天狗、やっと行くことが出来た。
思い込みによるトラブルでゲートの出発時間が遅くなり、更に天気はイマイチ、さい先が悪い。

DSCN0208
駐車帯からゲートはすぐの所。

DSCN0209
良い林道も終点に近づくにつれ荒れてきた。

DSCN0211
林道終点からすぐ入渓。普段は分からないが、流れも速く水量も多そう。

DSCN0213
しばらく歩くと大きな雪渓が出てきた。

DSCN0215
左岸からの沢が初めて出てくると、それが直登沢。

DSCN0217
なるほど、沢は突き上げている。今回ロープは持参しなく、お助けロープで間に合わせるつもりだ。

DSCN0218
小滝?を登っていくが簡単だ。水は冷たい、雪渓でもあるのだろうか?。

DSCN0219
すぐ水流がなくなり沢が荒れてくる。

DSCN0220
霧雨がずーっと降っている。本降りでなく良かった。

DSCN0222
やはり雪渓が出てきた。

DSCN0223
沢筋を登っていくが、沢筋が無くなると途中から沢靴に軽アイゼンを付けたり、スパイク地下足袋に履き替えたりするが、急な斜面にはそれが効果を発揮する。

DSCN0225
藪漕ぎは軽い。

DSCN0226
頂上真下のお花畑に出ると

DSCN0228
多くの種類のお花が咲き乱れています。
DSCN0229
DSCN0230
DSCN0235
DSCN0236
お花に囲まれた頂上到着です。鹿道が走り、三角点もありました。

DSCN0240
崕山が見えてきました。ガスも上がってきました。

DSCN0243
布部岳が目の前です。

DSCN0245 DSCN0250
もう少しもう少し、芦別岳が見えてきました。

DSCN0253
まだまだ色んな花がありました。

DSCN0257
沢には良い蕗ががあったので取りながら林道ゲートへ。朝が早かったので疲れました。

7:25尻岸馬内川林道ゲート~8:50林道終点~9:40北東面直登沢出合い~12:15頂上12:45~14:00出合い~16:25ゲート

2018.07.10 白老岳 白老川

昨年の5月に入会、不規則勤務ながらも2年目を頑張っているIちゃん、「藪漕ぎがしたい」と言うので雨で中止になった山行部の白老川に行ってきました。MLでメンバーを募ったが集まらず、2人だけの山行になりました。Iちゃんは我が娘より10歳も若いです。

DSCN0106
三階の滝で待ち合わせたが雨が降り始め、天気予報ではずーっと雨、止めたい自分、どうしても行きたいIちゃん、負けて「見に行くだけ」と車を走らせると雨が止んでしまった、仕方がない行くか。急いで車を1台デポしに行くと出発が遅くなってしまった。

DSCN0108
林道を下り橋から入渓、白老川を下る。

DSCN0109
すぐ右股が現れ入っていく。

DSCN0110
ゴルジュが現れてくる。

DSCN0111
当然、泳ぐ気にはなれません。

DSCN0112
飛び移ります、水量はちょっといつもよりは多い?。

DSCN0113
向こうの滝を登ったか巻いたかは忘れました。

DSCN0114
あら、滑が、割と綺麗な沢でしょ。

DSCN0115
左側から簡単に、Iちゃんがずーっと先頭です。

DSCN0116
DSCN0117
DSCN0118
DSCN0119
DSCN0120
DSCN0121
滝は皆易しくて登れますね。

DSCN0122
590m二股が、右側から流れ落ちます。

DSCN0123
ここは足を突っ張って遊ぶところらしいですが、霧雨が降っています、とてもとても。

DSCN0124
二股は右を行き適当なところから藪に突入、鹿道を利用したりして、頂稜の南側に出ました。

DSCN0125
Iちゃんのヘルメットだけが見えます。

DSCN0129
今回の山行、被写体はIちゃんだけです。

DSCN0131
南尾根を少し下り沢に入っていきます。

DSCN0132
橋が見えました。三階滝川では、大きな魚影を見ました。
優徳の温泉に向かったのですが火曜日は閉館でした、残念。
頑張ったIちゃんでした。

8:00駐車場~8:10入渓~12:55頂上13:15~15:05橋

2018.0707 鉞山779m 滝の沢川~カジ山沢川

大雨の後で当初予定の沢は増水と落石が予想されたので、小粒でもピリリと辛い、そんな鉞山に変更して行ってきた。春にIちゃんとH子さんで頂上まで後1ピッチの所で引き返した山でもある。ネットでは12時間近くかかった記録、南尾根の藪を漕いで7時間半(かなりの健脚者)が出てきた。

DSCN0063
早朝の札幌発なので、第1マッカ沢川を出発したのは7時近くになってしまった。車はこの橋の先に置くことができた。

DSCN0064
珊内川に出ると、んん~いつもより水量が多い。

DSCN0065
歩き始めるとすぐ滝の沢川の出合いに着き進んでいくが、夜は雨予報なので早く下りたい。

DSCN0067
すぐまたF1に着くが水量が多くて登れそうも無い、左側から巻いていく。

DSCN0071
天気が良ければまぁまぁの沢かもしれない。

DSCN0072
左側から登れそうだが、かなりの水を浴びそうなのでここも巻く。

DSCN0073
この小さな滝は

DSCN0075
登り、上からお助けを出す。

DSCN0077
左川を行くが、なかなか面白い沢では?。

DSCN0078
進んでも奥の滝が登るのに手こずるかも?しれないので巻く。

DSCN0079
水量が多いので登れるか?登れないか?も分からない。

DSCN0082
350m二股は左に入っていく。

DSCN0085
ここも右側から巻いて行くと

DSCN0086
滑っぽくなってきたが、

DSCN0088
滝が出てきて左側を登る。

DSCN0089
小さな沢渓を選び、コルを目指すが

DSCN0091
藪が混んできたので支尾根上に上がりコルを目指し、

DSCN0094
コルから更に藪を漕いで頂上へ。先頭は剪定はさみで蔓を切りながら。
頂上写真+撮影者の5人パーティ。

DSCN0098
帰りは頂稜を辿るが、頂稜の両側は切れ落ちているが木でよく分からない。

DSCN0101
頂稜から南尾根を下りすぎないように、カジ山沢川に磁石を切り枝沢を下りていくと275m地点に出た。カジ山沢川は草が倒れて石が見えなく歩きづらかった。

DSCN0102
珊内川に近づくと滝が出てきて下りて少し行くと

DSCN0103
珊内川に出た。最後に腰まで使って

DSCN0104
苅分道を上がると車にドンピシャ出て終了。藪漕ぎは沢山しました。
珊内ぬくもり温泉は月・木がお休み。どおりで春は営業してなかったが、これで納得。

6:45第1マッカ沢川橋~6:50珊内川~7:00滝の沢川~7:07 F1 ~9:15 350m二股~12:15頂上12:25~14:27 275m地点~15:35 滝~14:40珊内川~15:48 駐車地点

 

2018.06.24 沢入門・白水川

今年の沢入門山行は漁川と白水川に分かれて行いました。入門者は10名、この記録は白水川のパーティーの様子です。

DSCN0026
教育部長のTさんの挨拶から始まります。白水川は20人、5Pに分かれました。

P6246408
40分ほど林道を歩いて入渓です。
M子さん写真。

DSCN0032
この寒い中を泳ぐ若いMiです。

DSCN0034
始めは時たま陽がが当たり滑も美しいです。

DSCN0035

DSCN0036

DSCN0037

DSCN0039
新人に足の置き方を教えているようです。

DSCN0040
左岸に昨年M代さんが付けたテープが有りました。林道跡が入渓地点まで残っています。分かりづらい所もありますが、下降に使ってみました。やはり早いですね。

DSCN0041
メンバーによってはお助けを出しています。
DSCN0043

DSCN0046

DSCN0049
雪渓がまだ残っています。

DSCN0050
新人のSさんです。
帰りは中をくぐったパーティもあったようです。

DSCN0051

P6246437
ゴルジュです。水量が多いですね、先行したパーティのMさんが取り付いています。
これはM子さんの写真です。

DSCN0052
他のパーティも追いつきました。時間切れでここから引き返すのですが、

DSCN0056
挑戦するメンバーも。ぶら下がっているロープが手の届かないところにあるので、挑戦するもドボーンです。

KIMG1633
ウドを取る人、それを見る人です。極上のウドが取れました。
この写真は入門者のS木さんの写真です。

P6246424
読図の確認、M子さん写真。

P6246452
林道跡です。これは分かりづらい部分ですね。
明瞭な所もあります。M子さん写真。

P6246455
山菜採りのおじさんのようですね。
M子さん写真。

2018.05.29 様似山道ハイキング

花を求めて様似山道のハイキングに行ってきました。人生の残り時間は少なくなってきたが暇はたくさんある面々、前日に襟裳岬&ハート型の豊似湖に行き宿泊は百人浜のキャンプ場のバンガローで。

DSC00270
豊似湖は小さく周回も時間はかからない。

DSC00265
豊似湖の九輪草、これを見に来たんです。標高の低い豊似湖にもナキウサギがいるそうです、撮影に来ていたカメラマンが撮ったナキウサギの写真を見せてくれました。
こんな所にもとういう感じですね。

DSC00275
翌日、様似山道の西口に車をデポ、バスで冬島から幌満に向かいスタート。

DSC00277

DSC00279
幌満橋の下をくぐると登山ポストが有ります。

DSC00280
沢筋を登って行き

DSC00282
尾根に上がっていきます。

DSC00283
新緑と木漏れ日の中、鳥のさえずりを聞きながら林を行きます、気持ちが良いです。

DSC00287
最初の小さな沢を渡ります。

DSC00288

DSC00289
二つ目の沢で小休止、ゆっくらゆっくらです。

DSC00291
沢を下りれないので小さく巻いたんですね。

DSC00292
案内標識&テープがしっかりあり、迷うことはありません。

DSC00294
展望台からの眺めです。見えている道路は旧道ですね。

DSC00295
昔使われた電柱や碍子が多く残っていました。

DSC00296

DSC00297
ここは樹木の種類も多いです。

DSC00299
山道の中間地点です。

DSC00300
もっと鬱蒼としている山道を想像したのですが、歩きやすいです。

DSC00301
ここにも九輪草がありました。

DSC00303
何の跡だろう?、熊だろうか、いやこんな所で違うだろうと。すぐ近くに熊の糞があったので解決しました。

DSC00305
階段を下ると

DSC00306

DSC00307
舗装された道を行き

DSC00310

DSC00311
コトニ小休所跡が

DSC00313
舗装道路を外れ行くとアポイ岳が見えました。急ぐことは無いのでここでも休憩。

DSC00315
下っていくと西口ですが、

DSC00316
ワラビのお土産が待っていました。

DSC00318
車をデポした様似山道の西口に着きました、のんびりと花を楽しみ、おしゃべりを楽しんだ四時間ぐらいのハイキングでした。バスを待ちながらの地元の人との会話も楽しかったです。

2018.04.29 当丸峠~ポンネアンチシ山1145m

ポンネアンチシは大川林道からのルートが一般的だが、この時期は下部は藪だろうと思い当丸峠からつぼ足で行ってみることにした。

DSC00178
遠くて長いので早朝5時にトンネル脇から出発する。

DSC00179
風も無く天気が良い、ず~っと持ってくれれば良いが。両古美山は目の前にある。

DSC00183
両古美山頂上まではハイキングみたいですぐに着く。右側から積丹岳、余別岳、その稜線に目立たない様にポンネアンチシが連なっている。

DSC00212
稜線を下り無沢1(832.6m)へ、向こうに見える稜線に向かって進む。

DSC00184
視界が悪いと尾根は分かりづらいかもしれない。夏道が少し見えている

DSC00186
今年の山行で最初に見た花。

DSC00189
無沢1、832.6m。三角点と倒れた標識が。夏道はここまである。

DSC00191
余別岳はやはり目立つ、それに比べてポンネは続く稜線のポコ。まだまだ遠い。

DSC00192
スノーシューも持ってきたが埋まりそうもないのでデポし、尾根を忠実に。

DSC00194
ルートの尾根はポンネの支尾根のようだ。山腹に消えている。

DSC00195
屏風山やガニマナコも見えてきた。

DSC00196
尾根は危ないところはない。真ん中のピークがポンネ。余別岳が陰に隠れてポンネが主役になってきた。

DSC00197

DSC00198
単独で距離も長いので、行けるところまでと思ってきたが行けそうだ。急斜面を登り雪庇の出た左の稜線に上がる。ピッケルを持ってくれば良かったと後悔を。

DSC00199
稜線から尾根を忠実に行こうとしたがハイマツに阻まれ、稜線の左側を巻き少しハイマツを漕いで頂上へ向かう、ポンネの象徴の岩が見える、もう少し。

DSC00200
ポンネアンチシ頂上。このまま余別にも行きたいが時間が無い。

DSC00201
右から珊内岳、ガニマナコ、屏風山、良い眺めだ。はっきりとマナコだと分かる。

DSC00202
この写真の右側のハイマツを漕いできたが、帰りは左側に急な雪渓が続いていたので下りたが、登りもトラバースして右側からの尾根から登れば良かったと、ルート取りを反省。

DSC00205
急斜面を下りて登ってきた尾根にトラバース。

DSC00206
トラバースしてきてポンネを見上げる。

DSC00209
左の泥ノ木山と両古美山。無かった風も出てきたが天気が持ち応えてくれた。自分一人の貸し切りの山は気分が最高、でも長かったなぁ。

5:00車両回転場~5:53両古美山~7:07無沢1(832.6m)~10:38ポンネアンチシ頂上~13:48無沢1~両古美山~15:50車両回転場